menu
閉じる
  1. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  2. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  3. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  4. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  5. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  6. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  7. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  8. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  9. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

夏バテを解消する方法まとめ【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PPU_asufarutodebakusuineko500

夏バテの原因

夏バテの原因は?

夏バテの主な原因は自立神経の乱れだと言われています。

この自律神経の乱れ。
一説には、夏のエアコンの影響が大きいと言われています。

エアコンは私達の生活の中に欠かせない家電となっていますよね。
夏の暑い日は、エアコンの設定温度を下げて快適に過ごす方も多いと思います。
実は、このエアコンの温度の下げ過ぎが自律神経を乱す元になっている可能性があります。

私達は本来、暑い時は汗をかいて体温を下げます。
ですが、エアコンで涼しい部屋にいると、まず汗をかく事がなくなります。
この状態が続きますと、暑い外にいても、自律神経がうまく働かず、体温調節機能が低下し、汗をかけない状態になってしまいます。
これが、夏バテの様々な症状を引き起こす原因です。

夏バテ予防のためにも、エアコンの温度は28度ぐらいの少し高めの設定がよいとされています。

夏バテ解消は栄養補給が大事

夏バテになってしまった場合、まずは胃腸を元気にする事を優先しましょう。
胃腸が元気になれば、体に栄養素が行き渡るようになりますので、自然と夏バテの症状も解消されます。

夏バテ解消によいとされる栄養素は、クエン酸・ ビタミン・ミネラル類
だと言われています。

まず、クエン酸には、疲れを取る成分が含まれています。
主な食品は、レモンや梅干しなど、すっぱい味がする食べ物です。

ビタミン類は、弱った胃の調子を整える働きがあります。
特にビタミンB群は、夏バテ防止に効果的な成分が含まれていますので、積極的に摂りたい栄養素です。
代表的な食品は、豚肉・レバー、たまご、納豆などが挙げれます。

ミネラルは、汗と一緒に体外にでた塩分不足を補うために必要な栄養素です。また、ミネラルには多くの鉄分も含まれていますので、貧血予防にもつながります。
代表的な食品は、のり、わかめなど海藻類・魚介類に多く含まれます。

また、暑い夏には、「体を冷やす食べ物」を選んで食す。という事も大事です。
体を冷やす食べ物は、スイカ・メロン・とまと・きゅうりといった夏に収穫時期を迎える野菜・果物類です。
これらは水分を多く含んでいますので、栄養補給と水分補給の両方が同時にできます。

これらの栄養素を、まんべんなく摂る事が大事ですが、一人暮らしをされている方は、なかなか十分な栄養が摂れませんよね。
そのような場合は栄養価値が高いプロテインや、栄養剤、栄養ドリンクなどを日常的に取り入れて、夏バテ対策をされるとよいです。

夏バテの症状

夏バテの身体的な症状

夏バテにかかると身体的に様々な症状が現れます。
代表的な物は

  • だるい
  • 動悸
  • 胃痛
  • 胃もたれ
  • 気持ち悪い
  • 胸やけ
  • めまい
  • 貧血

などです。

この他にも稀な症状として、

  • 下痢
  • 吐き気
  • 発熱
  • 腹痛
  • むくみ
  • 蕁麻疹
  • 頭痛
  • 肩こり
  • ダイエット中でもないのに痩せる

といった症状もあります。

夏バテの原因は、自律神経の乱れです。
ですから、人によって様々な症状が現れます。

夏バテの精神的な症状

夏バテは、無気力にもさせます。
やはり、暑い夏は誰でもやる気がなくなるものですが、夏バテから来るやる気のなさは、

  • 継続的に続く
  • 何をするにもめんどくさい。

というのが特徴です。

ここで怖いのが、「夏バテだから、夏が過ぎれば治るだろう」と過信すぎる事です。

極度の夏バテは、精神疾患・うつ病を発症する場合もありますので、
あまりにもやる気が出ないときは、病院を受診したり、夏バテ解消に努力をするべきです。

秋口にも夏バテする?

秋にも夏バテになる方はいらっしゃいます。
ただ、その場合、夏バテと呼ばずに「秋バテ」と呼ばれます。

夏は気温が30度を超す猛暑日が続き、これは体にも精神的にも大きな負担となります。
ようやく秋になり、涼しくなったとしても、夏に蓄積された疲れは100%解消していません。

気温が急激に下がる訳ですから、疲れた体がその事についていけず、秋バテをしてしまいます。

秋バテの症状は以下のようなものが挙げられます。

  • 食欲不振
  • 朝起きられない
  • 疲れやすい、だるい
  • 頭がボーとしてしまう
  • 胃がもたれる

症状から言えば、ほとんど夏バテと同じですね。

夏バテ・秋バテを予防、解消するには、「胃を強くする」という事が大事です。
胃が強くなれば、食欲もわきますし、栄養も体に吸収しやすくなります。

では、いつごろから胃腸の調子に気を付けていればよいのでしょうか?

この答えは、「できれば一年中」というのが望ましいのですが、夏バテ・秋バテを重点的に予防したいのであれば、春頃から気にしだすのがよいそうです。

胃の調子を整えるサプリメントや漢方の力を借りてもよいでしょう。
手軽に購入できる物としては、「養命酒」がおすすめです。
養命酒には、胃腸の調子を整える他、冷え性の緩和の効果もありますので、エアコンの風で手足が冷える夏にぴったりの生薬だと思います。
ドラッグストアで販売されいてますので、手軽に購入できるのもよいですね。

夏バテの解消方法

夏バテに効く食べ物

夏バテ解消には、食べ物選びは大事です。
食べ物には、暑さや疲れに効果的な品があります。こうした食品を積極的に摂る事で、夏バテ予防・解消に繋がります。

豚肉、うなぎ、とまと、レモンなどは、夏バテ予防に効果的な食材の代表です。
また、そのほかにも、ピーマンやヨーグルトなどもよいとされています。

ピーマンにはピラジンという、血流の流れをよくする成分が含まれています。
夏は水分不足で血がどろどろになりやすいため、血流の流れをよくする事は夏バテ解消にもなります。
ヨーグルトは、整腸効果がありますので、食欲不振を改善する効果が期待できます。

夏バテ解消おすすめレシピ

夏バテ解消レシピはの定番は、カレーです。
カレーには、クルクミンという成分が含まれています。別名「クミン」とも呼ばれるこの成分は、整腸作用・発汗作用・食欲増進の効果があり、まさに夏にぴったりの食材です。

ですから、夏バテ解消レシピには、カレー風味のパスタ・スタミナ料理などが多いです。
他にも、夏野菜やフルーツをふんだんに使った味噌汁・デザートも、夏バテ解消によいです。

夏バテに冷たいものはNG?

夏はどうしてもアイスクリームなど、冷たい物を食べたくなりがちですが、夏こそ温かい物を積極的に摂った方がよいです。

よって、NGとまでは言いませんが、冷たい物のとりすぎには注意してください。

どうしても摂りたい時は、ポカリなどのスポーツドリンクがおすすめです。
スポーツドリンクは栄養分もあり、成分が体内の水分に近い飲み物だからです。

夏バテにアルコールが効く?

夏バテにアルコールは逆効果なイメージがありますが、
実は、アルコールの中でもワインと甘酒は夏バテ防止・予防に効果があるとされています。

まず、ワインですが食前に飲む事により、食欲を増進させる効果があるとされています。
そして、甘酒は江戸時代には夏バテ防止の飲み物として、庶民の間でのまれていたそうです。

どちらも原料は、ぶどう・コメなど、自然の食品から作られていますので、天然のサプリメントというわけです。

ですが、もちろん、アルコールの摂りすぎは逆効果になります。
適度な量を摂るようにしましょう。

夏バテを解消する運動

夏バテを解消する運動としては、プールが代表的なものではないでしょうか。
プールに入ると、体温が一気に下がりますので、夏の暑い日の自然な体温の下げ方としてよいと思います。

また、最近はヨガで夏バテ防止をされる方もいらっしゃいます。
ヨガによって呼吸を整える事で、血液の流れをよくし、消化機能の改善効果もあります。
夏にぴったりの運動です。

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 冷え性を改善する方法まとめ【保存版】

  2. 女性なら誰でも知っておきたい 子宮内膜症とは?

  3. 単なる中性脂肪と侮らないで!重大な病気を引き起こす前に対処できる…

  4. むくみが気になるのは、梅雨のせい?

  5. 梅雨は体調不良になりやすい?知って得する6つの健康対策!

  6. 必ず辛い肩こりから解放される!肩こり解消テクニック3選

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る