menu
閉じる
  1. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  2. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  3. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  4. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  5. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  6. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  7. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  8. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  9. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

あなたの耳は大丈夫?聞こえにくくなる前に知っておくべき3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

earphones_hires

肌や体の衰えは目に見えるものがあるので、実感しやすいものですが目には見えない耳の衰えは意外と気づきにくいものです。実際、モスキート音で耳年齢をチェックするアプリなどがあるので簡単にチェックできますが、チェックしないと耳の衰えを感じないほどです。耳は、このように衰えが気づきにくいパーツです。しかし、耳は一度衰えるとその機能は回復することがないため、予防していくことが大切になってきます。

耳の部品は消耗品!?

知っていましたか?体は60兆個の細胞の集まりであり、細胞はおよそ半年かけて古い細胞から新しい細胞へと入れ替わりが行われています。しかし、耳の細胞の中には、細胞分裂をせず、生まれてから死ぬまで同じ細胞で人生を終える細胞がいます。つまり、体にも「消耗品」のような存在もあるんです。

耳の老化は、この消耗品による影響であり、その影響は一般的には50代を迎えるころから感じ始めると言われています。しかし、消耗品なので、それよりも早い30〜40代のうちから耳の聞こえにくさを感じ始める人もいます。10代〜20代半ばまでは、20ヘルツ〜20,000ヘルツという幅広い周波数を聞き取ることができます。

しかし、年齢を重ねていくうちに、高音となる高周波数の音を聞き取ることができなくなり、40代になると15,000ヘルツ、50代になると、12,000ヘルツまでしか聞こえなくなります。耳の老化は老人性難聴と言われ、聞こえにくさをカバーするには補聴器を利用するしか現在のところ手段がありません。補聴器を使わなくて済むようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

身近な音が実は耳にとっては騒音だった!

耳の老化はどのようなものが原因で始まるかというと、「大きな音」を継続的に聞いていることです。イヤホンの音が外に漏れるほどの音量やライブやコンサート、パチンコやカラオケの頻度が日常的になっている場合年齢よりも早く耳の老化が進行する恐れがあります。また、ラジオやテレビを視聴する時の音量や電車や地下鉄、工事現場や空港での音も騒音に相当し耳の老化を進めます。さらに、家の前の車の通行や掃除機の音、ドライヤー、布団たたきの音、やかんの沸騰した時の音も騒音に相当します。日常の生活音がどれほど騒音になっていてその音が身近になっているかわかっていただけたでしょうか?

しかし、そのような音まで騒音に分類されると日常生活の楽しみが減ってしまったり、些細な音に対して敏感な生活を強いられてしまいますよね。著者は以前、ベランダのすぐそばに道路があり裏道としてよく使われていた場所なので車の通行量が多く一日中騒音と向かい合わせでした。また、お隣さんの赤ちゃんの泣き声や怒鳴り声がうるさく、ストレスとなり引っ越したこともありました。その時は、耳の老化を進行させるとは知りませんでしたが今となっては静かな場所に引っ越したことは耳のためにも良かったのだと思っています。

一度ダメになると元には戻らない聴力

耳は、一度衰えると以後回復することはありません。つまり、できるだけ日常から音を小さくしていく工夫が必要になってくるということです。耳にする音を小さくしない限り、耳の内耳部分の空気の振動を脳に伝える神経が正常に機能しなくなってしまいます。

音のある場所に行かないという選択肢を選ぶことは難しいので、音が大きく入ってこないように耳栓を持ち歩き、工事現場や電車内では耳栓をつけて対応するといいでしょう。内耳には、有毛細胞という細胞がありその細胞は消耗品で大きな音を聴き続けると細胞が擦り減ってしまいます。すると、音を正常に聞き取ることができなくなります。年齢を重ねていくと高音から聞こえなくなると言われていますが、これは、高音を感知する機能が低音を聞き取る部分よりも外側にありその分消耗されやすくなっているためです。

家は、車が比較的少ない住宅地を選ぶようにしたり、密集率の低いところ、騒音対策が行われているかも選ぶ基準として考えましょう。現在の家で騒音対策をするには、床に敷くものや騒音ネットなどの対策グッズもあるので、ホームセンターで購入するといいでしょう。過敏になる必要はありませんが、耳の老化予防のために普段から音を小さくする生活を心がけることが大切です。また、耳栓による予防ができない場合や大きな音を聞いたら、音がしない時間を過ごすことを心がけましょう。

耳の老化についてのまとめ

・耳は50代から高音が特に聞こえづらくなるが、早い人だと30〜40代でその症状が現れる。
・掃除機の音やドライヤーの音など日常の生活音が騒音であり、耳に負担をかけている。
・耳の力は一度衰えると、元には戻らず補聴器に頼ることになる。
・普段から音を小さくする生活を心がけることが耳の老化予防につながる。

美容や健康に関することを中心とした記事を書いています。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

関連記事

  1. 毎日クラクラ!なんとしても解消したい貧血情報まとめ

  2. 女性なら誰でも知っておきたい 子宮内膜症とは?

  3. 疲れやすい体質を改善する方法まとめ【保存版】

  4. むくみが気になるのは、梅雨のせい?

  5. 単なる中性脂肪と侮らないで!重大な病気を引き起こす前に対処できる…

  6. 人参りんごジュースで女性の気になる8つの悩みを解決!

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る