menu
閉じる
  1. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  2. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  3. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  4. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  5. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  6. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  7. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  8. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  9. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

ちょっとやりすぎ!?除菌や消毒の必要性を考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a0006_000620_m

そろそろ梅雨入りしている場所も増えてきて、それが明けるといよいよ夏がやってきますね。
暑くてジメジメしている季節というのは菌が繁殖しやすく
食中毒などが流行する時期でもあります。

私も食中毒ではありませんが
何の菌に冒されたのか、ここ数日胃腸が荒れております。

そんな菌に対して行うのが除菌消毒
この時期になると、よくこのワードを目にしますよね。
実際に除菌や消毒にはどんな効果があるのかそんなに必要があるのか、など考えてみました。

殺菌や滅菌とは違う“除菌”や“消毒”とは?

同じ「菌」がつく似たような言葉として、殺菌滅菌というものがあります。
似ている言葉も実は結構違うのです。

まずは殺菌。これは字の通り菌を殺すことです。
しかし、その殺す対象や程度などは規定されていません。
したがって、たくさんの菌の中のごく一部を殺しても、殺菌といえてしまいます。
殺菌といいながらも、実はその有効性は保証されていないのです。

続いて滅菌。これは菌を減らす、ではなく全滅させるの滅です。
すべての菌を死滅させて除去するので、菌に対しては最も厳しい対応となっています。
字だけをみると、殺菌の方が効力が高そうに見えるのに意外ですよね。

そして、除菌です。もともと、学術的な専門用語ではなく対象物によって定義が少し異なります。
よく使われる洗剤や石けんなどの定義では
物理的、化学的、生物学的作用によって対象物から増殖可能な菌を有効数減少させること
となっています。

最後に消毒。これは物体や生体についている微生物の毒性を無くすことです。
したがって、殺菌する(菌を殺す)ことで消毒する(毒性を無くす)というように使われる言葉です。

そのほかにも、菌の繁殖を防止する抗菌という言葉も最近よく目にします。
菌とつくだけで、これだけの言葉があるというのは
それだけ私たちは身近に菌を感じる環境にある、ということですね。

えっ?こんな場面でも除菌?

最近では、潔癖症の人も増えており
「えっ?そんなところまで除菌するの?」ということが増えています。
そんな意外な除菌場面を見ていきましょう。

家の中では、水回りのキッチン、洗面所、お風呂、トイレなどが
除菌をする場所としては思い浮かびますよね。
しかし、最近は家の中の空気までも除菌する、ということも!
たしかに、菌は空気中を浮遊するものもありますからね。
空気清浄機などで空気をきれいにしている人は意外と多いです。

また、潔癖症の人は、外出すると何かと触れられないということが多いみたいです。
そんな人が重宝するのが除菌のウェットティッシュ
誰か使ったかよくわからないものは、とりあえず拭いて触る
触ったあとも、自分の手もウェットティッシュでよく拭く。
菌に触れたらすぐ除菌!なんてキャッチコピーを謳われちゃいそうです。

菌が身近である分、菌への対策もかなり細かいところまで行うようになっているみたいですね。

正直、除菌や消毒しすぎじゃない?

この状況に、正直私は、除菌や消毒をしすぎではないか、と感じます。
というのも、あまりにも過度に除菌や消毒をしすぎると
かえって体が弱くなってしまうとも言われているからです。

小さい頃から除菌や消毒をしてきた子供というのは
実は免疫力が低く風邪やアレルギーに罹りやすくなるというのです。
外で菌とふれあって遊ぶことで免疫力がつくとも言われています。

また、私たちの体の中にはかならず菌がいます。
その常在菌というのがバリアとなって悪い菌から守ってくれているのですが
除菌や消毒をしすぎると、そうした常在菌も殺してしまうということがあるのです。
体を守るつもりが、逆に体に悪いことをしてしまっているのです。

おわりに

菌から身を守ると言うことはとても大切です。しかし、やりすぎは禁物。
免疫力の高い強い体になるためにも、菌とうまくつきあっていくことを考えていきましょう。

Webでフリーランスライターをしています。
日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

関連記事

  1. がんの検診無料クーポンがあった!がんの検診受診率を上げるには?

  2. むくみが気になるのは、梅雨のせい?

  3. 人参りんごジュースで女性の気になる8つの悩みを解決!

  4. 夏バテを解消する方法まとめ【保存版】

  5. 冷え性を改善する方法まとめ【保存版】

  6. 毎日クラクラ!なんとしても解消したい貧血情報まとめ

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る