menu
閉じる
  1. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  2. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  3. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  4. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  5. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  6. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  7. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  8. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  9. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

ダイエットのポイントは3つだけ!これならズボラなあなたでも始められる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6772398921_e349a76c6c_b

りんごダイエットにビリーズブートキャンプ、レコーディングダイエットに炭水化物抜きダイエットなどなどきっと、これまで数多くのダイエットに挑戦してきたことかと思います。かく言う著者も実に様々なダイエットを試してきました。ジムに通ったり、痩身エステにも通い、DVDを購入してテレビをみながらエクササイズを行う・・・など試せるものは、試してきました。

しかし、今のボディラインに自信があるか?と聞かれれば、決まって答えはNOです。それどころか、去年よりも、そして半年前よりも体重が減りにくくなっているくらいです。そこで、辿り着いたシンプルなダイエット法。どんな運動を、どのようなやり方でなど面倒なことは一切ありません。思うがままにまずは、3つのポイントを実行してみてください。

3つのポイントさえおさえておけば、運動習慣がない方でも、お金をかけてダイエットできない人でも、お家にいながらにしてダイエットできます。いくつになっても、ダイエットはできる!ということを体で実感してみましょう。

3つポイントをおさえてエクササイズする前に

これから紹介する3つのポイントは、全身に対して行ってください。特に絞りたい部分は、回数を増やしたり、集中的に行うと効果的です。「運動」と思って行うよりも、生活の一部として行いたいので、初めは「もう少しできそう」と感じるところでストップしてみてください。そして、徐々に回数を増やす・頻度を増やしていきましょう。

ダイエットのポイント①伸ばす

伸ばすとは、腕・脇腹・背中・太もも・ふくらはぎ・足首部分を伸びているなと感じる程度に伸ばすことです。全身には、筋肉がありますが日常的に使う筋肉はおおよそ決まっており、使われていない筋肉があります。使われていない筋肉は、凝り固まってしまうので、血行不良による冷えや代謝の低下の原因になります。

いつすればいい?

朝起きた時、お風呂上がりや夜寝る前、椅子に座っている時やちょっとした休憩時間を利用して全身の伸ばせるありとあらゆる箇所をゆっくり、呼吸を忘れずに伸ばしてみましょう。伸ばすことで、酸素をしっかりと送り届け、血流を改善していきます。さらに、筋肉に柔軟性を持たせることができ、痩せやすい体の準備が整っていきます。

ダイエットのポイント②曲げる

ダイエットをすると決めたら、腹筋を鍛えようとする人も多いでしょう。しかし、床に寝て体を起こす腹筋は10回も続かない、きつくて続けられないという理由で断念することが多々あります。そこで、覚えておきたいのが「曲げる」という動作です。

曲げて腹筋を鍛える!

両足は肩幅に広げ、やや膝を曲げます。両手を腰にあて、お腹に力を入れながら曲げます。クランチというエクササイズの一種がこのように簡単にできます。クランチを繰り返すことで腹筋がいつの間にか鍛えられます。この方法は、誰でもできるのに即効性があるというメリット付きです。他にも、朝起きた時に仰向けになり、膝を90度に曲げ、状態を起こす腹筋の仕方や膝を曲げることでスクワットを行うことができます。

曲げて背中美人になる!

腕を上向きに90度に曲げて顔の前から肩甲骨がくっつくくらい広げると、背中のぜい肉対策や二の腕・上半身の引き締めができます。思いつく体のパーツを曲げるだけで、いつの間にかエクササイズができてしまいます。

ダイエットのポイント③ひねる

3つ目のポイントは、ずばり「ひねる」です。

ひねって振袖二の腕から卒業する

たとえば、両腕を水平にして左腕と右腕の動きを反対にひねります。こうすることで、二の腕の内側(日に当たらず、皮膚が白く、脂肪がつきやすいのでつまめる部分)の引き締め効果が抜群にあります。

ひねってくびれをつくる

また、ひねる動きはくびれをつくるときにかかせない腹斜筋のエクササイズになります。やり方は、正面を向いたときに息を吸い、上半身を左右にひねるだけです。左を向いたときに息を強く吐き、正面を向いて息を吸います。次は反対に右を向いたときに息を強く吐き、正面を向いたときに息を吸うことを繰り返すのです。お風呂上がりのドライヤー時や歯磨き時にぴったりです。

ズボラなあなたでも始められるダイエットのまとめ

・激しい運動をしなくても、毎日のちょっとした時間でボディラインは引き締まる。そして、痩せられる。
・伸ばす・曲げる・ひねるを全身に対して行うだけでボディラインは引き締まる。そして、痩せられる。
・3つのポイントを組み合わるとより効果的。
・毎日コツコツ積み重ねると、およそ1週間ほどで体が鍛えられていることを実感できます。
・筋肉が鍛えられると、代謝が上がり、ダイエット効果が出やすくなります。また、ボディラインが締まってくるので、スタイルがよく見えます。

美容や健康に関することを中心とした記事を書いています。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

関連記事

  1. ダイエットや健康のために、苦手な運動を習慣化する3つの方法

  2. 痩せにくくなったと感じている方必見!30代からの脂肪対策

  3. 基礎代謝を上げる方法まとめ【保存版】

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る