menu
閉じる
  1. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  2. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  3. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  4. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  5. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  6. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  7. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  8. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  9. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

体質改善率80%!簡単に便秘を解消できる3つのテクニックとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s

年齢を重ねるとともに、深刻化する便秘に悩まされていませんか?
便秘は体内に、様々な悪影響を引き起こしますよね。

そして腹痛などの痛みも激しくなり、毎日憂鬱な日々が続いてしまいます。
便秘に悩む人からすると、藁にも縋る思いで便秘を改善したいと考えていることでしょう。

日本人女性の6割は便秘に悩まされている!

マイボイスコム株式会社が実施したアンケートによると、日本人女性の約6割が慢性化する便秘に悩まされているようです。
しかも便秘と言っても、1週間近く出ない人もいるのだとか。。。

慢性化する便秘により便がつまってしまい、体外へ排出する時に極度の痛みから、貧血を起こして倒れてしまうような人もいます。
単なる便秘と侮っていると、事態はどんどん深刻化してしまうのです。

また便秘を放置しておくことにより、大腸癌のリスクも高まります。

便秘によりこんな症状も!

便秘症の方の近くに行くと、口臭や体臭の臭いから、便秘症であることを他人に知られてしまうことを御存知でしょうか?
このレベルまで達してしまうと、もはや自分一人だけが悩まされる問題では無くなってしまいますよね。

他にも新陳代謝を著しく低下させることにより、太りやすい体型になることや、体のむくみも悪化させてしまいます。
あとは下腹部のポッコリお腹が気になったり、肌荒れを引き起こすなど、少しも良いことはありませんよね。

しかし便秘を解消するだけで、この様な症状も一気に解消されることになるのです。

テクニック1.水分摂取量を増やす

便秘によるつまりを改善するには、まずは水分摂取量を増やすことから始めましょう。

体内の水分が減少してしまうと、お腹の中で便もガチガチに固まってしまいます。
便が固まることにより、お腹の中でつまって出てこなくなることはもちろんのこと、排便時にも痔で悩まされることになります。

ちなみに便秘症で悩まされる人の多くが、自分では出すことができずに、便秘改善薬などの下剤を飲んでいることでしょう。
しかし下剤を飲むことで、腸の下の方に降りてきている便は固まっているのに、腸の上の方にある新しい便は下痢状態となってしまいます。

こうなってしまうと激しい腹痛に悩まされるだけではなく、吐き気を催すこととなってしまいます。
そこでまずは水分摂取量を増やし、常に便が固まらない環境を整えてあげることが大切になります。

テクニック2.食生活を改善する

便秘を悪化させてしまう大きな原因の一つに、食生活も含まれています。

よく便秘症に効果的とされるのは、食物繊維を摂ることだと言われていますよね。
しかし食物繊維を摂ることだけを目標としてしまい、脂質となるものを減らしてしまうことで、つるっと排出される効果を失い、便秘を逆に悪化させてしまいます。

そもそも何故食物繊維を摂ることが重要かというと、便を大きく固めてくれるからです。
便はある程度大きくならなければ、腸が弱っていることにより、排出できなくなってしまいます。

しかし腸が弱っている時に、どんなに食物繊維をたくさん摂って便を固めたとしても、排出機能そのものが低下しているので、便がお腹の中で大きくなるだけで、排出することができずに逆に固まってしまうのです。

あくまで食事は、バランス良く食べることが大切です。

そして食事は一日三回きっちりと食べることでも、便秘改善に繋げることができます。
特に朝ご飯をしっかり食べることにより腸が活発に動き始めるので、その後の昼食や夕食もしっかりと食べられるようになります。

またたくさん食べることで、便を適度に大きくすることができるようになるので、便通も良くなるのです。

テクニック3.軽い運動を取り入れる

弱っている腸を動かすには、腸に刺激を与えることも大切です。
最近ではマッサージの一環としても、腸の周辺を力強く押してマッサージする方法が人気を集めていますよね。

しかしカナリの痛みを伴いながら、医師でも無い人たちからお腹を強く押されてマッサージされることには、抵抗がありますよね。
しかも便が滞っている状態でマッサージを受けたところで、痛くて仕方がありません。

そこでまずは、自分でできる簡単な運動から始めてみましょう。
今から紹介する方法であれば、テレビを見ながらでも行なうことができるので、自宅でゆっくり寝ころんでいる時などに、行なってみてくださいね。

  1. 寝ころんだまま、両脚の膝を立てます。
  2. 後は左右に大きく倒すだけです。

この動作をゆっくりと約100回程度行なうことで、腸が刺激されてガスが出やすくなります。
ガスがたくさん出ることを感じられるようになれば、腸も上手く刺激されて動き始めている証拠になります。

たったこの3つのテクニックを実践するだけ!

便秘で悩まない体作りには、たったこの3つのテクニックを実践するだけです。
たくさんのことを一気にしようとしたところで、面倒になってしまい長く続けることはできなくなるので、便秘改善効果も薄れてしまいます。

そこでまずはこのたった3つのテクニックを、毎日コツコツと試してみてください!
最初は固まったいつもの便が出ることと思いますが、排便2回目から徐々に改善されていくことになります。

これであなたも辛い便秘の悩みとは、おさらばできることとなるでしょう。

よく読まれている人気エントリー

便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?

健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。
皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

関連記事

  1. 便秘が原因の口臭・体臭を解消するには?

  2. 男の便秘症を解消する方法

  3. 便秘解消にヨーグルトが効かないのはなぜ?

  4. 便秘と下痢を繰り返すのはなぜ?

  5. 善玉菌を増やす方法

  6. 便秘解消センナ茶の副作用は?

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る