menu
閉じる
  1. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  2. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  3. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  4. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  5. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  6. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  7. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  8. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  9. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

キレイの秘訣は、クレンジングにあり!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4758b8fb0bafeddd149cb22d54a0fa16_s

はじめに

結婚して、家事や育児に追われているといつの間にか自分のことよりも家族のことを優先するようになります。それでも、キレイでいる人はキレイですよね。キレイな人とそうでない人、この違いはなんだと思いますか?30代を過ぎると、およそ90%以上の女性が肌に衰えを感じています。しかし、実際に年齢にあったケアをしている人は約半数。キレイとそうでない人の違いはもしかすると、そのスキンケアに秘密があるのかもしれません。

スキンケアで最も重要なのは、クレンジング!

女性にとって、毎日のスキンケアを行うことは生活の一部であり、なくてはならないものです。スキンケアは、汚れを落とす→うるおいを与える→うるおいを閉じ込めるという3つのステップに分けることができます。

その3つの中でも、エイジングケアに重要なポイントは汚れを落とすことです。つまり、クレンジングですね。しかし、まだまだ多くの人がその事実を理解しておらず、エイジングケアといえば、まずは化粧水や美容液を変えようとします。繰り返しになりますが、最も大切なのは、クレンジングであり、汚れを落とす作業です。

なぜ、クレンジングが重要なのか

なぜ、クレンジングが重要なのかというと、汚れを落とす作業がきちんとできていれば、高価な化粧水や美容液を使わなくても肌はキレイになっていくからです。肌は、主に3つに分けることができます。肌表面の最も近い表皮、その下にある真皮層、最も奥にあるのが皮下組織です。

クレンジングに関係する部分は主に表皮です。表皮には、肌のうるおいを維持する機能が備わっていますが、強力なクレンジングを使用すると、クレンジング剤により、肌のうるおい維持機能が低下していきます。メイクや余分な皮脂だけでなく、強力なクレンジング成分は表皮のうるおい成分を溶かして一緒に洗い流してしまうからです。クレンジングに求められることは、メイクやその他の汚れを落とすことであって、肌に必要とされるうるおい成分まで奪ってはいけないのです。肌に本来あるはずのうるおいが奪われてしまうから高価な化粧水や美容液でそのうるおいをせっせと補給していく。これではいつまでたっても、肌はキレイになりません。

30代以降は、肌の乾きが加速する

20代までは、皮脂や肌のうるおい成分が十分にありますが、30代を迎えると肌にもともと備わっている皮脂や表皮内のうるおい成分が少なくなってきます。そのため、20代と同じようなクレンジング方法では、肌はあっという間にカラカラと乾いてしまいます。その乾き対策のはじめとして取り組みたいのが、クレンジング剤の変更です。

日本人は、元来さっぱりとしたものを好むため、洗い上がりもさっぱりを望みます。しかし、年齢を重ねていけばいくほどさっぱりよりもしっとりを選ぶようにしましょう。また、短時間でメイクを落とそうと肌を必要以上にこすってしまいます。肌が乾いていく時期なのに、強力なクレンジング成分+肌への摩擦は、肌の乾燥を推奨しているようなものです。

クレンジングの使い分けで、肌を蘇らせる

肌はいくつもの細胞によって、構成されています。細胞は常に古いものから新しいものへと入れ替わっています。もともと28日周期で入れ替わりますが、年齢を重ねていくとその周期はもっと遅くなり、自分の年齢が肌細胞の入れ替わりにかかる期間になるとも言われています。このサイクルは、遅すぎても、早すぎてもいけませんが、一般的に30代を過ぎると肌細胞の入れ替わりは、肌力の衰えにより遅くなってしまいます

肌力の衰えの原因の一つが、クレンジングによる摩擦や強力なクレンジング成分によるものなので、クレンジング剤をマイルドなミルクタイプやクリームタイプに変えてみましょう。これまで、オイルタイプやリキッドタイプを使っていた方にとっては、時間がかかるかもしれませんがここで肌を擦ってしまうと、せっかくクレンジング成分をマイルドなものに変えた意味がなくなります。そんなときは、クレンジング剤を複数用意しておくことをオススメします。

普段は、クレンジングミルクやクリームを使い、時間がないときには、クレンジングオイルを使用する。うまく使い分けることで、肌への負担を最小限に抑えることができ、必要以上のダメージを肌に与えないので、肌細胞の入れ替わりサイクルが整うようになります。肌は、いくつになっても細胞の入れ替わりが行われるので、生まれ変わることができるのです。

まとめ

キレイな人の肌は、うるおいがあり、肌細胞の入れ替わりがスムーズに行われています。その細胞の入れ替わりをスムーズにするためには、必要以上のうるおいを肌から奪わないようにしましょう。そのためには、化粧水や美容液などうるおいを与えることではなく、汚れを落とすクレンジング剤の見直しが必要です。
肌にうるおいを残すクレンジングができれば、高価な化粧水や美容液を買わなくても、肌にはうるおいが保たれるようになります。キレイな人は、知っています。「スキンケアで大切なのは、クレンジングである」ということを。肌力を鍛えるためにまずは、クレンジングから変えてみませんか?

美容や健康に関することを中心とした記事を書いています。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

関連記事

  1. 美白はどうして美しい?夏の日焼け&紫外線対策と美白を考えてみた

  2. 家にあるもので美肌生活をはじめてみませんか?

  3. これってアレルギー?まつげエクステでアレルギーかな?と思った方へ…

  4. 抗酸化力はビタミンEの431倍!水素水の力はスゴいんです!

  5. 「疲れてる?」なんてもう言わせない!くすみ肌から卒業するために3…

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る