menu
閉じる
  1. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  2. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  3. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  4. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  5. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  6. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  7. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  8. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  9. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

子供の知能を伸ばす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

af0060000137

親ならば大切な我が子に出来る限りのことをしてあげ、その子の才能を引き出してあげたいと願っているのではないでしょうか?天才児とまではいかなくても、賢く育ってほしいものですよね。

子どもの知能の半分は親からの遺伝ですが、残り半分は育った環境に大きく作用されることがわかっています。

つまり、子供の才能を引き出し、知能を伸ばしてあげるような環境を整えてあげることが何よりも大切なポイントとなります。そこで今回は、子供の才能を引き出し、賢い子に育て上げる子育て方法について紹介します。

子供の知能を伸ばす育て方

子どもの知能を伸ばすために具体的にどのようにしたらよいのでしょうか。以下にポイントをまとめしたので、参考にしてください。

効果的な勉強方法

就学前の子供は、これから成長に伴い継続的に集中して勉強に取り組めるよう、勉強スタイルの基本を身に着けさせる大切な時期です。もちろん最初は勉強でなく、工作や簡単な作業などを短時間からでよいので、一定の時間1つの作業に集中できる訓練が効果的です。

まずは勉強に苦手意識やつまらないといった固定観念を持たないよう、その子に合った方法で楽しく、意欲的取り組めるよう工夫をしてあげるとよいでしょう。

また、課題を達成できたら大いに褒めてあげましょう。子供は褒められることで達成感や優越感を感じ、「もっと勉強しよう」という意欲が湧き、勉強をポジティブに捉えられるようになります。

小学生になり、本格的な勉強が始まったら集中して勉強に取り組めるよう周囲の環境を整えてあげることも大切です。

効果的な勉強方法は、新しいことを学びながら以前に学習したことを復習するといった、予習と復習を繰り返す学習方法です。このような学習方法は脳によい刺激や運動をさせ、詰め込み学習と違い、学習したことがしっかりと脳にインプットされるおすすめの勉強法です。

新しいスキルを学ばせる

今まで経験したことのない新しい分野をチャレンジすることで、脳はよい刺激を受けます。最初は慣れないことに戸惑いつつも、新しいことに適応しようと脳は頑張ってフル活動します。例えば、英語やスペイン語、バイオリンを習うなど、今までとまったく違ったスキルを学ぶことで脳が鍛えられ、賢い子に育ちます。

毎日運動をさせる

運動は子供の身体的かつ精神的な成長に欠かせません。また、認知能力にも大きな影響を与え、脳の健康に必要不可欠なので、是非毎日適度な運動させることをおすすめします。最近の研究で運動が何よりも脳の健康に効果的ということも分かってきています。

しっかり睡眠をとる

睡眠中も脳は記憶や情報の整理など、絶えず働いています。寝不足だと、脳は情報を処理したり、記憶を整理することができず、集中力や理解力、判断力、記憶力など本来の学習能力を発揮することができません。

昔から「寝る子は育つ」言われていますが、本当にその通りで、質のよい睡眠は脳の成長のために必要不可欠です。

脳の活性に効果的な食べ物を積極的に摂取する

脳によい食べ物を毎日積極的に摂取しましょう。具体的な食品を紹介します。

  • 卵、肉、魚:脳の疲労回復効果
  • ほうれん草、ケール、明日葉、ベリー類:記憶力を高める効果
  • ナッツ類:良質な脂肪酸が豊富に含まれ、脳の機能を維持する効果
  • 青魚:神経発達や記憶力・暗記力など学習能力を高める効果

子供の知能を伸ばす栄養素

先に紹介したとおり、子どもの知能を伸ばすために、脳によい栄養素を毎日の食事に摂り入れることが大切です。脳によい栄養素とその効果について紹介します。

  • ブドウ糖(脳が活動する際の唯一のエネルギー源、脳の疲労時のエネルギー補給に必要不可欠)
    蜂蜜、オリゴ糖、果汁、ショ糖など
  • グルタミン酸(脳の働きを高める効果)
    凍り豆腐、湯葉など
  • ビタミンB1(脳のエネルギー源、ブドウ糖を燃焼を促進させる)
    豚肉、鰻など
  • DHA(脳の発育や集中力や記憶力、学習能力アップなど脳の機能維持)
    青魚、鰻、まぐろ、かつおなど
  • EPA(脳の血流促進やDHAと同様、集中力や学習能力アップの効果)
    かつお・まぐろなどに多く含まれます
  • レシチン(脳の神経伝達物質の合成に必要不可欠な栄養成分で記憶力や集中力アップ、認知症予防にも効果的)
    大豆製品、小魚、枝豆

脳の成長のために上記の栄養素を毎日バランスよく摂り入れることが大切です。基本は食事からの摂取が望ましいのですが、食事の補助として必要栄養素が配合されたサプリを活用するのも手段です。サプリによって配合される成分や効能も様々なので、ムリなく長期間続けられるものを選ぶようにしましょう。

よく読まれている人気エントリー

頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 頭にモヤが・・・思考力の低下を改善する方法

  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?

  3. 顔と名前が覚えられない(泣)失顔症の対策

  4. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?

  5. 頭がぼーっとする&記憶力低下、物忘れがひどい原因と対策

  6. 40代で物忘れが激しいのは病気の可能性あり?

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る