menu
閉じる
  1. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  2. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  3. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  4. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  5. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  6. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  7. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  8. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  9. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

仕事が中々覚えられないのは大人の発達障害のせい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

https___www.pakutaso.com_assets_c_2014_01_CSSS85_zangyoumonita20131019500-thumb-1000xauto-4043

他人と比べて、物事の理解や判断に時間がかかり、仕事で簡単な作業にもミスを連発してしまうなどの症状が続くと、人間関係でもトラブルが生じ、心理的にも辛いですよね。

ただ、どんなに努力しても状況が改善されない場合、成人の発達障害の可能性も考えられます。

以前、発達障害は子供特有の症状と思われていましたが、最近になって大人でも症状が残り、場合によっては大人になってから症状が顕著に現れるケースも報告されています。

子供の頃、発達障害と気が付かず、大人になって初めて発達障害と気が付くケースでは、仕事で発達障害の症状が出てしまい、トラブルを生じたことがきっかけとなる場合がほとんどです。

今回は大人の発達障害について紹介しますので、是非参考にしてみてください。

大人の発達障害の症状は?

大人の発達障害の具体的な特徴を以下に紹介します。

  • 物事の優先順位が分からず、今やるべきことも先延ばしにしてしまう。
  • 会話の途中でも一方的にしゃべり出すなど、相手の気持ちを察することができないなどコミュニケーションが苦手で、人間関係を築くことが困難。
  • 指示や説明を受けても、うまく頭の中で順序立て結論づけることができないので、適切な判断ができない。
  • 単純な作業でもミスを繰り返すなど、仕事をなかなか覚えられない。
  • 考えもなく、その場凌ぎの衝動的な行動をしてしまう。
  • 時間にルーズで約束が守れないなど、決められたルールを守ることが苦手。
  • 整理整頓ができない。
  • じっとしているのが苦手で落ち着きがない。

上記の項目に該当するものが複数ある人は、大人の発達障害の可能性があります。該当数が多ければ専門の医療機関に相談してみてください。

発達障害を持つ大人に向いている仕事は?

発達障害がある人は社会に適応することが困難なため、本来の自分の特徴を活かした職業に就けず、辛い境遇に立たされるケースも多いです。

例えば、発達障害の人に向いていない職業としては、営業や飲食関係などの接客業、総務、人事、経理、金融、テレフォンアポインターなど予約係や金融機関の顧客窓口など高度なコミュニケーション能力や協調性、瞬時に臨機応変な対応が要求されるような職業です。

これに対して、発達障害の人が自分の特徴を活かせる適職は、塾や予備校講師や学校の教師、研究員やイラストレーター、カメラマン、画家、漫画家、コンピュータープログラマー、自動車整備士、歯科技工士、電気技師など、自分の好きな分野に没頭できる仕事が向いているでしょう。実際に発達障害でありながら、上記の職業に就き、成功している人もたくさん存在します。

発達障害の症状と付き合いながら、自分の特徴を活かせる適職に就くために、まずは自分が何をやりたいのか、自分の得意分野や興味や意欲をもって打ち込める対象を限定しましょう。さらに環境や収入などの要素を考慮しつつ、適職を絞り込んでいく必要があります。

発達障害を持つ大人が摂取するといい食べ物は?

発達障害の特徴でもある多動や衝動など、集中力の欠乏に効果的な栄養素としては、記憶力や理解力、学習能力を高めるなど脳の障害全般に顕著な効果が期待できるDHAがおすすめです。特に注意力の欠乏はドーパミン不足で生じるので、ドーパミンの分泌を促進させるDHAは非常に効果的です。

また、脳や精神発達に欠かせない栄養素として、DHAやEPAと並び注目されているアラキドン酸がおすすめです。アラキドン酸は記憶力や学習能力を高める効果があり、不足すると脳の伝達情報の効率が下がり、記憶力の低下が顕著に現れます。また、アラキドン酸が発達障害にも効果があることが確認されています。

基本的に食事から摂取するのがベストですが、発達障害の症状に悩む人は小まめに摂取するため、サプリメントを活用するとよいでしょう。

よく読まれている人気エントリー

頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?

  2. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?

  3. ストレスのせい?仕事に支障が出るほど物忘れする原因と対策まとめ

  4. 顔と名前が覚えられない(泣)失顔症の対策

  5. 英単語が覚えられない受験生へ。暗記が苦手な原因と克服する方法

  6. うつ病による物忘れは治る?記憶力低下の原因と対策

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る