menu
閉じる
  1. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  2. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  3. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  4. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  5. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  6. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  7. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  8. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  9. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血栓症の原因は?

血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり血管を狭めてしまっている症状のことです。

血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されると過酸化脂質となります。過酸化脂質が血管内壁にへばりつくと、その上に血液中のLDLコレステロールや中性脂肪を接着剤のようにくっつけてしまい、血管が狭くなって血栓となるのです。動脈硬化の状態です。

このような動脈硬化は、脳や心臓などの血管でだけ起こると思われがちですが、全身で発生するものです。他の部位の動脈硬化による蓄積物がはがれて、血流に乗って脳に到達し脳閉塞を招くこともあるのです。

一般的に血栓症は生活習慣をかえることで改善されますが、まれに体質もあり、その場合は血液をサラサラにする、固まりにくくする薬を飲み続けなければなりません。

血栓症を予防するには?

血栓症を予防するためには食生活を含め、生活習慣を変えることが一番です。血栓の原因を取り除くためには、血栓ができやすい状況を作ってしまう食事を改善することです。

よくLDLコレステロールを悪玉コレステロール、HDLを善玉コレステロールといいますが、LDLコレステロールは体を維持するためには必要で、エネルギー源を必要としている器官の細胞にコレステロールを運搬する働きをしています。

しかし、細胞が必要としている以上のLDLコレステロールを運んでしまうと、血液中にLDLコレステロールが過剰に存在することになり、活性酸素とであって過酸化脂質となり、血栓ができる原因となってしまいます。

つまり、LDLコレステロールを悪者にしているのは、食べ過ぎでエネルギー摂取過多になっている私たち自身なのです。ですのでまずは食生活を改善することが一番です。

また、適度な運動をすることも重要です。運動をすることでエネルギーが消費され、HDLコレステロールの比率が高くなります。

HDLコレステロールは細胞の余分なコレステロールを回収し、肝臓に戻す働きをしています。そのため、それぞれのコレステロールの働きのバランスが取れ、血栓のできにくいからだにすることができるのです。

血栓症予防に効果的な栄養素は?

血栓症を予防するには以下の3つの方法があります。

  1. LDLコレステロールを減らす
  2. LDLコレステロールの酸化を防ぐ
  3. できてしまった血栓を溶かす

上記の効果のある栄養素を摂取することで、血栓症を予防することができます。それぞれの栄養素を紹介します。

LDLコレステロールを減らす栄養素とは?

食品からLDLコレステロールを減らすこともできます。

青魚に多く含まれるDHAやEPAの不飽和脂肪酸はLDLコレステロール値を下げる働きがありますし、食物繊維を摂取することでも脂質の吸収を抑えてくれるのでLDLコレステロールを減少させることになります。

関連記事:生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素とは?

LDLコレステロールの酸化を防ぐ栄養素は?

酸化に対抗できるのは抗酸化作用です。体には本来ビタミンC、ビタミンEなどによる抗酸化作用が備わっています。また、緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンやチョコレートのポリフェノールなど抗酸化作用の強い食品を摂ることで酸化を防ぐことができます。

しかし、喫煙など過度な酸化ストレスがかかったり、老化によって体の抗酸化力が弱まっていくことで、酸化ストレスが上回り、LDLコレステロールの酸化リスクが高まってしまいます。

これを防ぐためには喫煙は止めること、そして食事で抗酸化力のある栄養素を摂取するようにしなければなりません。

血栓を溶かす栄養素は?

血栓を溶かす作用のある食品を摂取することも血栓予防になります。例えば納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれており、血液中の血栓を溶かす働きがあります。

また、細胞膜や血液中にウロキナーゼという血栓を溶かす働きのある酵素がありますが、ナットウキナーゼはこのウロキナーゼを活性化させる働きがあります。日本人の伝統的な食品である納豆は日本人の健康を支えてきた食品なのです。

血栓症予防に最適なサプリメントとは?

血液中のLDLコレステロールを下げるDHAとEPA、抗酸化作用のあるビタミン類・β-カロテン・ポリフェノール、そして血栓を溶かすナットウキナーゼ。血栓症を予防するにはこれらの栄養成分を毎日摂取することが望ましいです。

とはいえ毎日これらの栄養成分を意識して献立を考えるのは大変ですし、仕事で忙しい人や一人暮らしの人は食材を買うだけでも大変です。そんな人にはDHA&EPAサプリメントがおすすめです。

DHA&EPAサプリもいろいろな種類がありますが、その中でも血栓症を予防したい人のために、DHAとEPAだけでなく抗酸化作用のある成分や、ナットウキナーゼまで配合したサプリもあります。

サプリなら毎日お手軽に血液サラサラ習慣を続けることができますので、血液ドロドロを何とかしたい方にはおすすめです。

よく読まれている人気エントリー

DHA&EPAサプリを徹底比較!おすすめランキング

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 冷え・浮腫(むくみ)・足がつりやすい人は閉塞性動脈硬化症の可能性…

  2. おなかのお肉を何とかしたい!女性の中年太り解消に効く栄養素とは?…

  3. 腹筋してもへこまないメタボ腹を解消する食材とは?

  4. 一生使い続ける?コレステロールの薬をやめるには

  5. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ

  6. 動脈硬化を予防する栄養素と食べ物

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る