menu
閉じる
  1. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  2. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  3. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  4. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  5. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  6. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  7. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  8. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  9. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

子供の集中力を養う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

af0100028999

低学年以下の子供はもちろんのこと、高学年や中学生になっても継続して集中力をキープすることは大変なことです。

大人でもせいぜい1時間、最大でも90分が限度とされている集中力ですが、成績アップはもちろん、これから将来、仕事に就いたときのことを考え、成長に伴い集中力を持続させてあげられるようにトレーニングしてあげることが大切です。

ただ、勉強を始めた途端他のことに気が散り、手遊びや無駄話、挙句の果てに普段はやらない片付けを始めたりなど、なかなか勉強に集中してくれない我が子にイライラしてしまいますよね。

また、親として子どもに何とかしてあげたいと思われる方も多いでしょう。

今回は子どもの集中力について、「なぜ集中できないのか」や集中力を養うためのポイントについて紹介します。

子どもの集中力を伸ばしてあげることで、勉強だけではなく、成長して大人になってからも効率的で有意義な時間の使い方ができるようになりますので、参考にしてみてください。

子供の集中力が低い理由

子どもは基本的に興味がないことには集中することができないものです。
大人と違って好奇心が旺盛なため、興味がある方へとすぐに気が散ってしまうためです。

特に、勉強のように集中の対象を面白くないと感じると、ますます身が入らなくなってしまうのは当然のことです。

逆に、遊び大好きなことだと楽しく面白いと感じるので集中することができます。つまり、集中して勉強に取り組ませようと思ったら、勉強の楽しさや問題を解けたときの面白さなど工夫してその子供に合った勉強を楽しめる方法を見つけてあげることが大切です。

子供の集中力を養うには?

個人差がありますが、どんな子でも少しずつ訓練すれば、それなりに集中力を高めることは可能です。短時間でいいので一定の時間を毎日継続的に集中して勉強に取り組めるように訓練することが大切です。

小学生以下の幼少期であれば、本読みや工作作業など1つのことに取り組ませることから始めましょう。最初は短時間(5~10分程度)から始め、少しずつ集中時間を伸ばしていくと効果的です。

そして目標時間、集中力を持続することができたら大いに褒めてあげましょう。親に褒められることで嬉しさや達成感・充実感を認識でき、ますます頑張ろうとい気持ちが芽生えます。

小学生になるといよいよ本格的に勉強が始まり、この頃から集中して勉強に取り組める習慣を身に着けておくことが非常に大切です。

ただ、一度勉強をつまらないと思ってしまうと、中学生や高校生になっても勉強に苦手意識を持ち続けることになり、最悪授業についていけなくなる危険性もあります。年齢が上がるほど、勉強に対する苦手意識を克服するのは難しく、早い段階での対応が必要です。

子どもの集中力がないときは、勉強以外の他の何かに注意が向けられてしまい、気持ち的にそわそわしている状態です。

対策として、勉強に取り組みやすい環境を整えてあげることが大切です。例えば、目の付くところに気が散りやすいおもちゃやゲーム機器、漫画、CDなどを置かないようにするなどの気配りが必要です。

また、勉強を楽しく取り組めるように色々工夫することも大切なポイントです。
ちょっと難しい問題を自分の力で解けたときの爽快感も大切な経験です。

子供の集中力を高める栄養素

子どもの集中力を養うためのポイントを紹介しましたが、子どもが本来の能力を発揮できるよう基本的には規則正しく、栄養バランスの摂れた食生活が大切です。

集中力を高める栄養成分として注目を集めているのがDHAです。脳の働きを促進させて集中力や記憶力など学習力アップの効果が期待でき、思春期でホルモンバランスが崩れがちな子供にも非常に有効です。また、カンカエキスという成分にも脳機能改善効果が確認されています。

DHAは主に青魚に多く含まれ、カンカエキスは砂漠人参を主原料とした成分です。青魚はともかく、砂漠人参は毎日の食卓に摂り入れるのは難しいかもしれません。そこで食事のサポートとしてDHA・EPAやカンカエキス配合のサプリメントを活用されるのも手段です。

よく読まれている人気エントリー

仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 人より理解が遅い・・理解力を鍛える方法は?

  2. 頭にモヤが・・・思考力の低下を改善する方法

  3. ストレスのせい?仕事に支障が出るほど物忘れする原因と対策まとめ

  4. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?

  5. 【20代】若いのに物忘れが多い!記憶力低下の理由と改善する方法

  6. うつ病による集中力の低下を回復するには?

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る