menu
閉じる
  1. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  2. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  3. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  4. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  5. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  6. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  7. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  8. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  9. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

花粉症の鼻炎薬が効かない場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_03_OOK85_kahunkitu20150314132420500-thumb-1000xauto-12193

市販の花粉症の鼻炎薬

市販の鼻炎薬というと嵐の大野君がCMをしているアレグラや、販売年数も長く、花粉症の季節に定着しつつある大正製薬のパブロン鼻炎カプセル、その他ストナリニ、ベンザ鼻炎薬、ザジテンなど、各メーカーから様々な鼻炎薬が販売されています。

カスタマー・コミュニケーションズによると2014年12月~2015年2月の鼻炎薬購入個数ランキング1位は
佐藤製薬のナザールスプレー(ポンプ)だったそうです。

花粉症の鼻炎薬の効果と副作用

花粉症で鼻水が出るのは花粉などの異物を体が感じ、その異物を粘液(鼻水)を出して洗い流してしまおうとするからです。

つまり、異物から体を守るための防御反応なんですね。

ところで、花粉症の鼻炎薬は、鼻水の原因となるヒスタミンを抑える薬です。
花粉などの刺激を受けると、肥満細胞(丸い形状から名づけられたもので肥満とは無関係です。)という細胞からヒスタミンという物質が出て、これがヒスタミンの受容体と結びつき、鼻水を出して異物を洗い流せという指令となります。

市販の鼻炎薬はこのヒスタミンより先に受容体(H1受容体と言います。)と結びつくことで鼻水を出せという指令が出ないようにしています
これがいわゆる抗ヒスタミン剤なのです。

ここでヒスタミンは脳における伝達物質としての働きもあり、以前は鼻炎薬を服用すると脳内の伝達物質としての働きも阻害され、眠くなってしまうという副作用がありました。

しかし、現在は眠くなってしまうという作用を改善した市販薬が販売されています。
第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれており、以前は医療用として医師の処方が必要なものでした。

製品にも説明書きが必ず記されていますが、鼻炎薬をドラッグストア等で購入する際にはスタッフによく確認してから購入するようにするとよいでしょう。

花粉症の鼻炎薬が効かないときは

花粉症の季節になるとドラッグストアで前面に押し出される鼻炎薬ですが、同じ鼻炎薬でも花粉の飛散量やその時の体調によっても効き目が異なってくることがあります。

それはいくつか理由が考えられますが、まずは、花粉の飛散量の違いです。

雨が降ると花粉が飛びにくくなるので症状が和らぎますね。
それとは逆に花粉が多いとそれまで効いていた薬が効かなくなることがあるのです。

花粉の飛散量はその年によっても違いますし、1日の中でも飛散量は変化しています。
1度薬が効かなくなっても、様子を見ることも大事です。

また、花粉の季節は免疫機能の活動が盛んになり、体にも負担がかかります。
それによって免疫機能が落ち、鼻炎から副鼻腔炎などの感染症を起こすことがあります。

風邪と同様にウイルスや細菌感染なので、アレルギーのための鼻炎薬では効きません
副鼻腔炎を起こすと鼻の周りが腫れたり、黄色~オレンジ色の鼻水、発熱など様々な症状が出ます。こうなってしまうと、医師による抗生物質の処方が必要となります。

花粉症の季節は花粉以外の異物からの免疫機能が落ちるときでもあります。
いつも以上に体調管理に気を付け、食生活にも気を配り、ストレスや疲労をためないようにしましょう。

よく読まれている人気エントリー

花粉症の改善に効果的なサプリの選び方

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 花粉症によるサラサラ鼻水を止める方法は?

  2. 花粉症の改善に効果的なサプリの選び方

  3. 薬に頼らない花粉症対策は?

  4. メガネの上から装着できる花粉症ゴーグル

  5. 花粉症の目のかゆみを抑える方法

  6. 花粉症の目薬が効かない場合の対処法

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る