menu
閉じる
  1. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  2. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  3. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  4. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  5. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  6. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  7. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  8. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  9. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

皮膚科に通院してもアトピーが治らないのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

waiting-room-548136_640

皮膚科でアトピーは治らない?

アトピー性皮膚炎は良くなったり悪くなったりを繰り返すという特徴があり、ブドウ球菌やヘルペスウイルスが増殖しやすいなど生理的機能異常も伴います。

アトピー性皮膚炎の人は、本来人の皮膚に備わっているバリア機能が低下しているため、アレルゲンや汗、衣類などの擦れ、化粧品や洗剤などちょっとした刺激にも過敏に反応してしまい、強い痒みや炎症を生じます。

そもそもアトピー性皮膚炎が悪化する1番の原因は、痒みに耐え切れず強く掻いてしまうことです。治療法として、皮膚科で処方される飲み薬や塗り薬などで痒みや乾燥を防ぎ、ある程度改善することはできますが、アトピー性皮膚炎の原因を根本から改善しなければ、その場しのぎになってしまいます

また、アトピー性皮膚炎は遺伝などの体質的因子や環境的な因子など様々な要因が重なり症状が現れるので、皮膚科では個々人に合った的確なアドバイスや治療方法を出すのが難しいのが現状です。

残念ながら皮膚科に通院し続けても完治には至らず、日常生活に支障が出ないよう症状を和らげコントロールするような治療が主流となっています。

アトピーで処方される薬と効果

アトピー性皮膚炎が皮膚科で処方される薬は大きく分けて飲み薬と外用薬(塗り薬)があります。
以下が主な薬です。

アトピーの飲み薬

  • 抗アレルギー薬
  • 抗ヒスタミン薬
  • ステロイドの飲み薬
  • 免疫抑制薬

抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬は、痒みを抑え、症状を改善する効果があります。

ステロイドの飲み薬は免疫反応を強力に抑える効果があり、塗り薬では効かないほど症状が悪化した場合に使用します。

免疫抑制薬は今までの治療で効果がなく、強い炎症や湿疹が広範囲に生じている16歳以上の人のみ、最大で3か月間まで使用することができます。

アトピーの外用薬(塗り薬)

  • ステロイド外用薬
  • 免疫抑制外用薬

ステロイド薬は湿疹や痒みを改善する効果があります。
免疫抑制外用薬は、その名の通り免疫反応を抑える効果があります。

炎症が酷い状態では、特に炎症を抑える効果が高いステロイド薬が効果的ですが、長期的に使用することで様々な副作用が出るため、ある程度症状が落ち着いたときに免疫抑制外用薬が使用されます。

どの薬をどれくらい使用するかは、症状によって異なりますが、初めは様子を見ながら1日に数回程度、症状が改善するにつれ、少しずつ量を減らしていき、最終的には保湿剤のみの使用にしていく方法が一般的です。

皮膚科に頼らずアトピーを治すには?

アレルギー症状を改善するために、アレルゲンの除去はもちろん大切ですが、あまり日常生活を制限するとストレスが溜まり、症状の悪化に繋がります。無理をせず長期戦で症状に付き合っていきましょう。

保湿クリームやローションなどで小まめな保湿ケアや処方された薬を併用することで、症状は大分和らぎます。また、早寝早起きなど規則正しい生活や栄養バランスのよい食事で腸内環境を改善、正常化させることで体の内側からアレルゲンに打ち勝てるよう免疫バランスを整えることも大切です。

痒みを抑えるための工夫としては、まず冷水で患部をキレイに洗ってから薬を塗ったり、保冷材などで冷やして痒みが治まるケースも報告されています。

また寝ている間に無意識に掻いてしまうような場合の対策として、掻いたとき黴菌が入らないように普段から爪を短めに切っておくことや、肌への刺激が優しい素材の下着(コットンなど)を選ぶのもよいでしょう。

ご自身の症状に合った工夫をして、前向きにアトピー性皮膚炎に向き合っていくことをおすすめします。

よく読まれている人気エントリー

つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. アトピーでかゆくなる原因&かゆみ対策まとめ

  2. 赤ちゃんのアトピーは治る!アトピーを改善する方法

  3. アトピーにはL-92乳酸菌じゃないとダメ?

  4. アトピーの脱ステでリバウンドしてしまう理由と克服方法

  5. 妊娠中にやっておきたい赤ちゃんのアトピー予防

  6. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る