menu
閉じる
  1. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  2. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  3. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  4. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  5. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  6. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  7. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  8. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  9. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

アトピーでかゆくなる原因&かゆみ対策まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_04_OZPA_948820141025151610-thumb-1000xauto-12505

アトピーでかゆくなる原因は?

アトピー性皮膚炎独特の症状として、強く頑固なかゆみがあります。かゆみはたくさん汗をかく暑い夏やふろ上がり、就寝時、夜中に起きやすいです。かゆみが気になると仕事や勉強が手につかなかったり、夜眠れなかったなど、日常生活に様々な支障をきたします。

かいても症状がよくなるわけではないのに、頑固なかゆみに耐えられず、かきむしってしまい、皮膚炎がさらに悪化するという悪循環に陥りやすいのがアトピー性皮膚炎の特徴です。

なぜアトピー性皮膚炎で肌がかゆくなるのでしょうか?

その原因は、本来なら表皮の奥から表皮の間にあるかゆみを感知する神経が、表皮近くまで伸び、敏感にかゆみを感じるようになるためです。この状態で皮膚をかくと、かゆみの原因物質ヒスタミンを促進させる神経ペプチドが活発化され、強いかゆみを感じられるのです。

かゆみ対策としては、小まめに保湿剤を塗ったり、かゆみ止めの薬を利用してなるべく患部に刺激を与えないようにすることが大切です。

アトピー性皮膚炎のような免疫異常が原因のかゆみは、放っておくとどんどん悪化する傾向があるので、小まめなスキンケアをおすすめします。

アトピーは掻くと悪化する

アトピー性皮膚炎で肌が荒れると、上記のように敏感にかゆみを感じるようになります。この状態でかきむしると、ますます神経ペプチドが活発化され、さらに強いかゆみを感じられるようになります。

つまり、かけばかくほどかゆみは強くなり、症状もさらに悪化してしまうといった悪循環に陥りやすいので注意が必要です。

対策として普段から爪を切るなどして、かいた傷から黴菌が入らないよう清潔を保つことが大切です。また、寝ている間に無意識にかいてしまう時の対策として、手袋をして傷をつけないようガードするのもおすすめです。

アトピーかゆみの抑え方

アトピー性皮膚炎のかゆみ対策としては、日常生活上での正しい対応が非常に大切です。中でもスキンケアや食事、生活環境の改善が重要なポイントとなります。

まずスキンケアのポイントは皮膚の汚れをしっかりと洗い流すこと

ただしアトピー性皮膚炎の場合、角質層が破壊されているので、肌に刺激を与えないよう優しく撫でるように洗いましょう。入浴後の保湿ケアとして保湿クリームやローションなど、小まめな保湿ケアも大切です。

また症状が悪化してしまった場合、ステロイド軟膏やかゆみを抑える抗ヒスタミン薬を使うとかゆみは緩和されますが、様々な副作用もあるので常用はおすすめできません。あくまでも症状が悪化したときの一時的な処置に留めておきましょう。

最後に日常生活上のポイントですが、まずは免疫バランスを整えることで、アトピー症状の誘発因子を抑制して、体の内側からアレルゲンに打ち勝てる強さをつけることが最も大切です。

そのために規則正しい生活や栄養バランスのよい食事、運動を摂り入れることで免疫力を高め、アトピー症状改善に繋げていきましょう。

よく読まれている人気エントリー

つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 赤ちゃんのアトピーは治る!アトピーを改善する方法

  2. 皮膚科に通院してもアトピーが治らないのはなぜ?

  3. ステロイドを使わないでアトピーを治す方法

  4. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?

  5. アトピーの脱ステでリバウンドしてしまう理由と克服方法

  6. 妊娠中にやっておきたい赤ちゃんのアトピー予防

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る