menu
閉じる
  1. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  2. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  3. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  4. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  5. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  6. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  7. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  8. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  9. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

ウォシュレットは便秘に効果ある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a0002_002305

ウォシュレットの便秘解消効果とは?

ウォシュレットは日本の家庭の7割程が設置しており、以前よりも一般的になりました。

ウォシュレットを利用する一番の目的は「お尻を綺麗にすること」であり、特にお腹や肛門の調子が悪い時にはトイレットペーパーを使うと更に症状が悪化する恐れもあるため、ウォシュレットを使うことで清潔に保つことができます。

お年寄りや小さな子供など、お尻を拭くことに負担のかかる人にとってもウォシュレットがあれば便利なだけでなく、冬場には便座を暖かくできるため快適に利用できます。

このように便利なウォシュレットですが、実はシャワーを強力にして肛門にあてることで浣腸と同じ働きになり肛門出口に詰まった便に水を含ませて排出させやすくする効果があり、便秘解消効果が期待できます。

ウォシュレット浣腸などという言葉もあるほどで、便秘症状が出る度に行っている人もいるようです。

腸内の便には効果なし?

便秘に悩まされている人がウォシュレットの水圧で肛門付近を刺激することで、確かに肛門付近の硬い便に対しては効果がありますが、腸内に溜まった便まで排出される可能性は少ないです。

そのため軽度の便秘の人であればウォシュレット浣腸で便秘症状の改善が期待できますが、重度の人は便秘解消までに至る可能性は少ないです。

ウォシュレットやりすぎは危険?

ウォシュレット浣腸は便秘薬や浣腸、便秘解消効果のあるお茶を購入することと比べると費用がかからないのがメリットですが、やりすぎることもよくありません。

例えばウォシュレットには使用後にノズルを洗浄する機能が付けられていますが、それでも決してノズルが清潔だとは言えず、大腸菌などが付着している可能性があります。そして強い水圧でお湯や水を出すことで付着した菌が肛門から身体に入ってしまう可能性があります。特に不特定多数の人が使うトイレでウォシュレットを使うことは大変危険です。

また、便秘薬や浣腸と同様に、ウォシュレット浣腸をやりすぎると依存症となり、ウォシュレットがないと排便できなくなる可能性があります。便秘解消のために使うのは最小限にとどめ、お尻を清潔にするために使う際には優しい洗浄力で洗うことをおすすめします。

そしてウォシュレットに頼らなくても排便できるようにするためには日々の食生活を見直すこと、腸内の善玉菌を増やして便秘体質を改善すること、そして腸の機能を活発にして滞留便を排出させるために毎日継続できる運動をすることをおすすめします。

よく読まれている人気エントリー

便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 体質改善率80%!簡単に便秘を解消できる3つのテクニックとは?

  2. 【腹痛・吐き気】妊婦さん向け便秘解消法

  3. 便秘で1週間出ない人向けの解消方法

  4. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?

  5. 浣腸(かんちょう)は使いすぎると慢性化して依存症になる?

  6. 生理前にいつも便秘に・・・解消する方法は?

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る