menu
閉じる
  1. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  2. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  3. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  4. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  5. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  6. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  7. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  8. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  9. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

浣腸(かんちょう)は使いすぎると慢性化して依存症になる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

https___www.pakutaso.com_assets_c_2014_12_DI_IMG_5763500-thumb-1000xauto-5762

浣腸の副作用

便秘に悩まされている人にとっては食生活の見直しや便秘に効果のあるお茶を利用して症状を改善する方法がありますが、これらは効果が現れるまでに時間がかかる場合があります。

一方でドラッグストアなど入手できる浣腸(かんちょう)は数百円程度の費用だけでいつでも行える対策です。

浣腸は大腸に直接水分を入れて刺激を与える仕組みで、すぐに腸の働きを活発にすることから即効性があるのがメリットです。しかしその効果の高さからいくつかの副作用が起こる恐れがあります。

まず浣腸に慣れてない人が行うと、浣腸をする時や直後に痛みを感じることがあるだけでなく、吐き気や腹痛を覚える人もいるようです。また腸に疾患のある人が使うと、症状が悪化する恐れもあるため注意が必要です。

さらに浣腸に頼り過ぎると、便秘薬を使いすぎた時と同様に慢性化し、依存症になってしまう恐れがあるため、浣腸の使用は週に1回以下でこれ以上の使用は避けた方がよいでしょう。

コーヒーエネマを使った腸内洗浄は危険?

コーヒーエネマという商品が販売されています。コーヒー浣腸という名前を聞いたことがあるかもしれませんが、名前の通りコーヒーを使って浣腸する方法で、コーヒーに含まれているカフェインやテオフィリンという成分が大腸を刺激して滞留便を排出する効果があるのです。

しかし、その強い効果から腸内の善玉菌や悪玉菌まで一緒に排出し、腸内環境に影響を及ぼす可能性があり、頑固な便秘や下痢の症状を覚えたり、依存症になってコーヒー浣腸がないと排便できなくなってしまう可能性もあります。

一部の病院でコーヒー浣腸を行っている所がありますので行うのであれば病院で施術を受けることをおすすめします。

自力で排便できるようにする方法

即効性があることで便利な浣腸ですが副作用や依存症になるのを避けるためには最小限の使用にとどめ、自力で排便できるようにするのが望ましいです。

ちなみに便秘が起こっている原因の一つに、便が硬くなっていることが挙げられます。食物繊維でも大豆や麦などに多く含まれている脂溶性食物繊維は便に水を含ませて柔らかくする効果があるためこれらの食品を積極的に摂取したいものです。

また運動不足が腸の働きを弱めて便秘を起こしている可能性があります。毎日継続できる有酸素運動は腸の働きを活発にする効果があるので便秘が解消できます。ウォーキングなど継続できることをぜひ続けてみましょう。

そして自力で排便する力を強くするには腸内の善玉菌を増やして腸内環境を正常にすることが大事です。食物繊維を多く含む野菜や果物、そして乳酸菌を日ごろから積極的に摂取するようにしましょう。

よく読まれている人気エントリー

便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. ダイエット時の便秘対策まとめ

  2. 寝たきりの高齢者の便秘対策

  3. 断食は便秘に効果あるの?

  4. 便秘解消にヨーグルトが効かないのはなぜ?

  5. 過敏性腸症候群(IBS)ガス型の治し方

  6. 赤ちゃんの便秘解消!離乳食レシピでもダメなら

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る