menu
閉じる
  1. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  2. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  3. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  4. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  5. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  6. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  7. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  8. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  9. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a2e4ff4624f047c58d68959a06b818ce_s

ボケ防止に頭の体操や脳トレは続かない?

ボケ防止の対策として「ボケ防止体操」があります。ただ、最初の内はやる気があったのに、中々続けられないケースも少なくありません。体操はダイエットと同様、長期的に続けなくては効果が実感できず意味もありません。しかし、「絶対にやらなければならない」という訳ではないので、「目標に向けて頑張ろう!」といった動機を持ちにくいことや、やってみたところ「効果が実感できない」といった心境がやる気を削ぐ大きな原因となり、長続きできない傾向にあるのでしょう。

体操以外にもボケ防止に効果的とされる脳トレも様々です。中でもお手軽・簡単にできる「ボケ防止脳トレ」を以下に紹介します。

  • 日記をつける
  • 将棋
  • 手芸や編み物など手先を使うことや工芸・絵画など
  • 簡単な暗算(大人の脳トレ用の計算ドリルなどを活用してもOK)
  • 他人とコミュニケーションを取れる場へ出向くこと
  • 読書

ただこういった脳トレも体操と同様、はっきりとした目的を持ち、目標達成に向け生きがいをもって取り組めるような内容でなければ継続は難しいでしょう。このため、「何をすると効果的」ということに重点を置くのではなく、自分にとって興味や関心をもてることを見出し、「絶対に○○をやり遂げてみたい!」といった目標や情熱を持って打ち込める自分なりの脳トレ方法を見出すことが、ムリなく続けられるポイントとなるでしょう。

勉強がボケ防止に効果的な理由

しばらく勉強しないと、「以前できていたことができなくなってしまった」という経験はありませんか?実際、毎日変化なく同じことばかりを繰り返していると脳萎縮のスピードが速まり脳は老化してしまいます。また、脳の神経細胞は使えば発達しますが、使わないとどんどん消失してしまうので日頃から脳を使い鍛えることがボケ防止につながります。

近年では、頭の体操のために大人用計算ドリルや漢字の読み・書きドリルなどが売り出されています。また、脳トレゲームもお手軽に脳の神経細胞を鍛えることができおすすめです。

また、語学勉強も脳の活性化にはおすすめですが、「語学を習得して海外に旅行する」や「英検の資格を取る」など明確な目的があるとより前向きに効率よく捗るでしょう。

この他にも、クロスワードパズルや漢字パズル、囲碁、将棋などの知的な頭脳ゲームは、知識だけではなく、記憶力をはじめ、論理的に分解する能力や推理力、ひらめき等、総合的に頭を使うため頭脳を鍛えるにはもってこいの脳トレ法です。

以上、脳トレの方法も様々ですが、大切なのはその方法に興味や目的意識を持ち楽しく取り組めることです。心から楽しめる方法であれば、どんなことであっても進歩が速いですし、ムリなく続けることができます。逆に、興味もないのに「ボケないために」といやいやするのでは中々捗りませんし長続きもできません。脳を鍛えるために何か1つでもいいので「心から楽しめること」を見つけ始めてみてはいかがでしょうか?

認知症予防におすすめの習い事

性格と認知症発症率の関係性について調べたある調査では、「ネガティブ思考で趣味や生きがいを持たないタイプの人」は、「ポジティブ思考で趣味や生きがいを持って人生を楽しんでいるタイプの人」に比べ認知症に罹る率が非常に高いという研究結果が報告されています。そういった意味で、自分が没頭できる趣味を生かした「習い事」は、認知症予防に非常に効果的でおすすめの方法です。

習い事の内容に関しては、その人にとって興味や関心が持てることであり、心から楽しめる内容であれば、どんなことでも大丈夫です。例えば、音楽が好きで関心がある人であれば、ピアノやバイオリン、ギター、コーラスなどのレッスンもおすすめです。特に指先にはたくさんの神経が集まっており脳に直結しています。このため、楽器を演奏する際、指先を器用に使うことで脳の活性化につながりますし、演奏と同時に楽譜を読むことでより一層脳が鍛えられ脳の若返りにはおすすめです。

体を動かすことが好きな人であれば、テニスやフラダンス、ゲートボールなどもおすすめです。適度な運動で体を動かせば脳が活性化されますし、心から通じ合える仲間とのコミュニケーションはストレス発散のリフレッシュ法としてもおすすめです。

以上、習い事をはじめ、自分にとってのリフレッシュ法を見つけておくことは、認知症予防だけではなく、脳が本来持っている能力を発揮させることにもつながります。是非、無理のない程度で、ご自身に合った脳トレ法を見つけてみてはいかがでしょうか?

よく読まれている人気エントリー

記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 仕事で物忘れが多い・記憶力が悪いのは大人の発達障害?

  2. うつ病による物忘れは治る?記憶力低下の原因と対策

  3. 人より理解が遅い・・理解力を鍛える方法は?

  4. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?

  5. 30代なのに物忘れがひどいのは若年性アルツハイマー?症状をチェッ…

  6. 最近、理解力が低下・・・回復する方法は?

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る