menu
閉じる
  1. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  2. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  3. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  4. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  5. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  6. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  7. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  8. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  9. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

痩せてるのに高コレステロール血症になる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s

痩せてるのにコレステロールが高いのはなぜ?

痩せているのにコレステロール値が高いということは珍しいことではありません。コレステロール値が高い=肥満と考えてしまいがちですが、高コレステロール血症と体形にはあまり関連性がないのです。

ただ、肥満になると高LDLコレステロール血症などの脂質異常症は多くなります。痩せているのにLDL(悪玉)コレステロールが高い場合はいくつかの原因が考えられます。

まずは遺伝的にコレステロール値が高くなりやすい家系であるということです。家族に脂質異常症の方がいる場合にはその可能性は高くなります。

また、他の病気に罹患している人、特に糖尿病は進行すると糖だけでなく他の栄養素も体に貯蓄できなくなって行き、痩せてしまうため。病的に痩せていてもコレステロール値が高いという方はいるのです。

女性特有ですが更年期に入りるといわゆる更年期障害などの症状が出ることがあります。これは女性ホルモンが急激に減少してしまうことで起こりますが、女性ホルモンには中性脂肪やコレステロール値を下げる働きがあります。男性よりも女性の方が肥満が少ないのはそのためです。

しかし、更年期に入りその女性ホルモンがへるとコレステロール値が上がってしまうことがあるのです。更年期に入ると太りやすくなるのはそのためなんですね。

食事によってもコレステロールは高くなります。総合的にカロリーはそれほど摂取していなくても
魚卵などの高コレステロールな食品を日常的に食べていればコレステロール値は必然的にあがります。

高コレステロール血症を放置すると動脈硬化に

高コレステロール血症に限らず、脂質異常症は動脈硬化の原因となります。

コレステロールはHDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールに分けられます。悪玉とついているといかにも体に悪いイメージですが、生きていくうえではコレステロールも必要であり、そのコレステロールを運搬しているのでLDLコレステロールは必要なコレステロールです。

しかし、増えすぎてしまうと血管内壁に付着し、動脈硬化の原因となるので悪玉コレステロールと呼ばれています。

LDLコレステロールは血管内壁に入り込むと活性酸素と出会い、ほぼ100%参加がLDLとなります。酸化型LDLは体に異物とみなされ貪食細胞(マクロファージ)が酸化LDLを捕食します。

本来はマクロファージは異物を食べるとそのまま自爆するように死んでしまい他の免疫細胞によって掃除されますが、この酸化LDLを取り込んだマクロファージは血管内壁でコブのようになってしまいプラークを形成してしまいます。コブができるので血管は細くなります。

これが動脈硬化の始まりです。進行すれば動脈硬化が広がり血栓によって血管が詰まって心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす事態となります。

高コレステロール血症をはじめ、脂質異常症はとても怖い病気なのです。

コレステロールを下げるには

まず、遺伝的な原因であったり他の病気や更年期障害によりコレステロール値が高い場合はその原因となる病気や症状を治すことでコレステロール値も基準値に戻ることが考えらえます。

そういった場合にはまずはその原因となる病気や症状の治療に専念するべきです。
血液検査も定期的に行うはずなので医師の指示の元治療を行いましょう。

また、コレステロールが高い原因の8割が食生活であると言われています。
コレステロールを多く含むえび、かになどの甲殻類やレバーなどのホルモンの肉、卵、魚卵などを好んで食べていないでしょうか?

ただし、卵や甲殻類はコレステロールは高いもののコレステロールを下げる成分も含まれているので食べ過ぎなければ摂取することはかまいません。

また、他にはお菓子やインスタント食品はコレステロールが高いものが多いのでコレステロール値を正常に戻したいという場合には摂取を控えるべきです。

よく読まれている人気エントリー

動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 運動してるのに中性脂肪が高いのはなぜ?

  2. おなかのお肉を何とかしたい!女性の中年太り解消に効く栄養素とは?…

  3. いつものビールを糖質ゼロビールに置き換えると中性脂肪は下がる?

  4. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ

  5. メタボ解消にナイシトールを飲んでも効果なし・・・

  6. トクホのヘルシア、中性脂肪を下げる効果と危険性

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る