menu
閉じる
  1. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  2. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  3. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  4. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  5. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  6. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  7. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  8. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  9. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

中性脂肪を下げるための糖質制限で逆に中性脂肪が増えることもある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

糖質制限すると中性脂肪が下がるメカニズム

中性脂肪が高いのはよくないことだと多くの人が知っていますが、それは中性脂肪が動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞、糖尿病などの病気を発症する原因となるからです。

少し前になりますが糖質制限ダイエットが流行しましたね。
食事の糖質を制限してダイエットや健康維持につなげるために行われる食事法です。

これらはもともと糖尿病患者さん達のために行われている食事方法で、この糖質制限によっても中性脂肪血を下げることができます。

糖質制限とは、食事で摂取する糖類の摂取を制限することです。糖質は体の中でエネルギーになります。そのため、糖質の摂取を制限すると消費するエネルギーが足りなくなり、他のところからエネルギーを補おうとします。

その時に消費されるのが中性脂肪です。体に溜め込まれた中性脂肪を分解して消費することでエネルギーを作り出すため、中性脂肪が減少します。

糖質制限してるのに中性脂肪が増える理由

ところが、糖質制限しているのにもかかわらず、健康診断での血液検査で中性脂肪値が高かったということがあります。

原因の1つは健診前の食事の時間です。
健康診断時には前日の20時以降に食事をとらないようになどと制限がある場合があります。中性脂肪には食事からとりこまれた外因性トリグリセリドと、肝臓にとり込まれた脂肪が血液中に分泌された内因性トリグリセリドの2種類があります。

健診時に朝一で行われる血液検査では食事に左右されない通常時の中性脂肪値を知りたいので前日からの食事制限があるのです。それにもかかわらず、検診前に食事をしてしまうと中性脂肪値が上がってしまいます。

また、糖質と脂質を一緒に摂取してしまうとインスリンの働きにより小腸からの脂質吸収を高められ、中性脂肪値の値が上がることになります。

そしてもう1つが糖質制限をはじめてからの期間や制限量です。
ラットでの実験で糖質を極端に制限すると逆に中性脂肪や悪玉コレステロールが増加したという結果があります。

制限しすぎることで身体が飢餓状態に陥り、逆に肝臓に中性脂肪を溜め込もうとし、結果的に中性脂肪値が高くなってしまったり、LDL(悪玉)コレステロール値が高くなってしまったりします。何事も急激に極端におこなうと身体に支障をきたしてしまうのです。

糖質制限せずに中性脂肪を減らすには

中性脂肪を減らすにはズバリ有酸素運動が効果的です。

運動をするとなるとハードルが高く感じてしまいますよね。
有酸素運動は筋力を高めるような筋トレではありません。ウォーキングなど軽めの有酸素運動でよいのです。

そして大事なことは継続する事。痩せようとして急に運動を始めても筋力がついていかずに疲れてしまうばかりです。そして気持ち的にも嫌になってしまいます。悪循環ですよね。

まずは、散歩程度の距離から少しずつ距離や時間を延ばすようにしましょう。

筋力がついてきたら、スクワットなど下半身の大きな筋肉を鍛えることで実質代謝が増加して脂肪が燃焼しやすくなります。

そして、中性脂肪を減少させる働きのある食品を摂取することも効果的です。

DHAやEPAは青魚に多く含まれる脂肪酸で血液サラサラ成分として認知度も高い栄養素ですが、このDHA、EPAには中性脂肪値を下げる働きがあることが臨床試験でも明らかになっています。

DHAやEPAはイワシ、サンマ、サバ、アジ、マグロなどに多く含まれています。厚生労働省が推奨するDHA・EPAの摂取量は1日1000mgです。サンマだと半尾、マグロトロの刺身だと4切れ程度になります。

日々の運動と食事に気を付けるだけでも十分中性脂肪を減らすことができますよ。

よく読まれている人気エントリー

健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 脂質異常症(高脂血症)と診断された後の食事のポイント

  2. おなかのお肉を何とかしたい!女性の中年太り解消に効く栄養素とは?…

  3. 中性脂肪が高いのにコレステロールが低いのはなぜ?

  4. 適度な運動をしてるのにコレステロールが高い理由

  5. 腹筋してもへこまないメタボ腹を解消する食材とは?

  6. 高中性脂肪血症を薬を使わず自力で治療する方法

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る