menu
閉じる
  1. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  2. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  3. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  4. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
  5. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  6. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  7. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  8. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  9. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

ラクトフェリンの効果まとめ【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TSU93_shizukuhukyouwaon500

ラクトフェリンの機能

ラクトフェリンとは

ヨーグルトに含まれている成分の一つに「ラクトフェリン」があります。

ラクトフェリンとは哺乳類の乳や涙、唾液、血液に含まれているタンパク質の一つです。
摂取することで外から侵入してきたウイルスから身体を守る作用などいくつかのうれしい効果があり、特に人間の初乳に多く含まれているため赤ちゃんを様々な病気から守ってくれます。

ラクトフェリンは食べ物やサプリメントなどで摂取できますが、特に乳製品に多く含まれているためで乳製品アレルギーを持つ人は注意が必要です。

ラクトフェリンの抗菌・殺菌作用

ラクトフェリンにはいくつかの機能がありますが「抗菌・殺菌作用」に優れていることでよく知られており、風邪のウイルスやピロリ菌など外から侵入してきたウイルスをラクトフェリンが吸収するため、それらの病気を発症することを防ぎます。抗がん効果やB型、C型肝炎のウイルスから守る効果もあります。

ラクトフェリンが鉄吸収を促進

特に月経のある女性は鉄は常に不足しがちな栄養素の一つで、男性にとっても鉄分が不足すると性欲減退などの症状を覚えることがあります。鉄分が含まれた食品を毎日継続して食べることが望ましいのですが、実は食品から単独で鉄分だけを摂取しても身体に吸収されにくい性質があります。

そんな時にラクトフェリンには鉄を溶かす作用があり、鉄を吸収して腸をはじめとして身体で鉄分が不足している場所へ運んでくれます。鉄が不足していることで起こる鉄欠乏性貧血の人にもおすすめです。

ラクトフェリンは善玉菌を増やす

腸内の悪玉菌の数が善玉菌よりも多いと便秘や下痢、更にイライラするなどの症状を覚えることがあります。ラクトフェリンを摂取すると善玉菌のエサとなり、腸内の善玉菌(ビフィズス菌)を増やす効果があるため、腸内環境をよくして便秘や下痢を改善する効果があります。

ラクトフェリン一日の摂取量

ラクトフェリンの一日に必要な量の目安は一日150mgです。市販されているヨーグルト1個を食べるだけでこの量が摂取できる商品もいくつかあります。またラクトフェリンが摂取できるサプリメントも販売されています。

ラクトフェリンのサプリメントを過剰摂取したことによる大きな副作用は報告されていません。しかし人によっては下痢などの症状を起こしたりするので用法用量は守って使用しましょう。一度摂取すると効果が24時間程続くので一日一度の摂取で大丈夫です。

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンで免疫力を上げる

ヨーグルトなどの乳製品に含まれているタンパク質の一種であるラクトフェリンには免疫力を上げる効果があります。

私達の身体にはウイルスや細菌に感染した場合にそれらに攻撃を加えて身体を守る「NK(ナチュラルキラー)細胞」がありますが、ラクトフェリンにはこのNK細胞の働きを活発化する効果があるのです。

ウイルスや細菌と言えば風邪ウイルスだけでなく、ヘルペスウイルス、ノロウイルス、B型、C型肝炎だけでなくがん細胞などもありますが、これらの中には現在の所、感染して症状を発症した場合の明確な治療方法が打ち出されていないものもあります。ラクトフェリンで免疫力を上げることができればこれらの病気を予防できる可能性があるのです。

ラクトフェリンで腸内環境を改善

ストレスや生活習慣の乱れなどが原因で腸内の悪玉菌の数が善玉菌の数を上回ると便秘や下痢をはじめ、腸に関係する様々な病気や肌トラブルを起こしやすくなります。ラクトフェリンは腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなり増殖するので腸内環境がよくなり、健康効果や美容効果を得られます。

ラクトフェリンで便秘解消

腸内の悪玉菌が増殖するためには鉄分が必要です。ラクトフェリンには鉄分を吸収するという性質があるため、悪玉菌が増殖することを抑える効果があります。

善玉菌の量が多いと便秘や下痢を解消する効果だけでなく、コレステロールなど身体によくないものも排出するため、生活習慣病を予防する効果もあるのです。

ちなみに便秘を解消させるためにラクトフェリンを摂取する場合、腸まで成分が届くことが重要です。サプリメントを使用する際には特に「腸溶性(腸で溶ける)ラクトフェリン」があるものを選ばなければその効果を得られません。

ラクトフェリンで貧血を改善

鉄は現代人の体に最も不足しやすい栄養素の一つです。

月経のある女性だけでなく、最近では男性でも不足している人が増えており、少し不足している場合でも身体のだるさを感じることがあり、かなり不足すると重い病気にかかることもあります。

鉄はレバーや緑黄色野菜などに多く含まれていますが、食品で単独で摂取しても身体には吸収されにくいという性質があります。そんな時にラクトフェリンには鉄を溶かして吸収する作用があり、体内で鉄が不足している部分へ運んで吸収されやすくするという性質があるので、貧血で悩まされている人にはぜひおすすめの栄養素です。

ラクトフェリンで胃腸炎を解消

主にヨーグルトやチーズといった乳製品に多く含まれているラクトフェリンを摂取することで様々な健康効果を得ることができます。

ピロリ菌に子供の頃に多くの人が感染し、症状を発症することなく胃の中に住み続けます。強い胃酸でもピロリ菌は死滅することなく、ストレスや加齢が原因で感染が拡大すると胃痛、胃潰瘍、胃がんなど胃に関係する病気にかかる可能性があります。

50歳を超えた8割以上の人の胃の中に「ピロリ菌」が存在していますが、ラクトフェリンにはこのピロリ菌を身体の外に排出する効果があり、これらの病気を予防できるのです。

ラクトフェリンの美肌効果

ラクトフェリンにはお肌の新陳代謝を活性化する効果があり、ハリのある肌を作るためには欠かせないコラーゲンの働きも活性化してくれます。

美肌を作るためには身体の内側と外側からケアをしていくことが重要で、食べ物で内側から効果を得るだけでなくラクトフェリンが含まれた化粧品も販売されていますのでぜひ使用してみてください。

ラクトフェリンのダイエット効果

食生活の乱れが原因で内臓脂肪が溜まると生活習慣病になる恐れがあるのは言うまでもありません。

ラクトフェリンには溜まった内臓脂肪を減少させる効果やコレステロール値を減少させる効果があることが実験でも示されており、毎日継続して摂取することでダイエットにつながります。

ラクトフェリンのアンチエイジング効果

私達の身体は老化や紫外線、生活習慣の乱れなどが原因で活性酸素が発生すると疲れやすくなるだけでなく、生活習慣病にもかかりやすくなります。活性酸素は鉄と結びつくと更に猛威となってお肌にはシミやシワという悪い影響を及ぼします。

ラクトフェリンには鉄と結合しやすいという性質を持っており、活性酸素の働きを抑え、新しく活性酸素が作られることを防ぐ働きがあるのです。これにより肌のアンチエイジング効果となり、若くてみずみずしいお肌にすることができるのです。

ラクトフェリンは女性ホルモンの分泌を促す

女性は加齢が原因で女性ホルモンの分泌量が減少すると生理周期が乱れたり、肌トラブルを起こす可能性があるだけでなく、更年期障害によりイライラやのぼせ、ほてりといった症状を覚えることがあります。

また閉経後に骨粗鬆症を発症する女性が増えるのは女性ホルモンの分泌量が減り、骨が生成されなくなってしまうことが原因でもあります。ラクトフェリンには女性ホルモンの分泌を促す働きがあるため、これらの症状を改善させることができます。

ラクトフェリンでアレルギーを改善

花粉症やアトピー、喘息を起こす原因の一つにアレルギーが考えられます。アレルギーとは外から侵入してきた異物に対して生成される「抗体」がこの異物を追い出そうとしますが、その働きが誤作動を起こしてしまうことで出る症状のことを言います。

ラクトフェリンにはアレルギーの原因となる物質が身体に吸収されるのを防ぐ効果があります。例えば花粉症の場合、ヒスタミン(花粉をくしゃみや鼻水などで追い出そうとする物質)が生成されるのを防ぐ働きがあり、薬に頼るよりも自然にアレルギー症状を改善できることで注目されています。ただし、ヨーグルトや牛乳にラクトフェリンが含まれているため、乳製品アレルギーのある人は注意が必要です。

ラクトフェリンはドライアイに効く?

涙の中にはラクトフェリンが含まれており、涙が常に分泌されることで目を守ってくれています。しかし加齢や目の疲れが原因でドライアイを発症した場合に、ラクトフェリンが涙腺の働きを活発かするため、ドライアイを防ぐことができます。

ラクトフェリンはストレスに効く?

私達の脳はストレスを受けると副腎皮質ホルモンが分泌されますが、ラクトフェリンには副腎皮質ホルモンの分泌を抑える働きがあることからストレスに対する抵抗力を高める働きがあります。

また、私達の脳の中には「内因性オピオイド」という不安な気持ちやうつの症状を和らげる物質がありますがラクトフェリンにはこれを活性化する働きがあり、ストレスを緩和させる効果があるのです。

ラクトフェリンで歯周病予防

ラクトフェリンは私達の唾液にも含まれており、唾液が分泌されることで口の中の歯周病の原因菌を洗い流してくれる効果があります。歯周病を予防するためには唾液が多く分泌されることが重要であり、ラクトフェリンがその効果があります。

ラクトフェリンでノロウイルス対策

激しい嘔吐や下痢の症状を伴うノロウイルスは毎年冬に猛威を振るいます。症状が出ても特効薬がないため手洗いうがいで防ぐ方法ありません。しかし、ラクトフェリンはノロウイルスが腸に付着するのを防ぐ効果があるため、発症を防ぐことができます。

ラクトフェリンで放射線防護

ラクトフェリンには放射線を防護する効果があることが動物実験で分かっています。被ばくする可能性がある場合に事前に摂取しておくことが望ましく、被ばくしてしまった場合にもその後の影響を防ぐ効果があります。

ラクトフェリンを含む食材

ラクトフェリンを含む乳製品

ラクトフェリンはヨーグルト、牛乳、チーズなどの乳製品に含まれていることでよく知られています。

しかし、熱に弱いという性質があることから加熱処理された乳製品にはその量がほとんど含まれていないことが分かっており、市販されている乳製品でラクトフェリンを摂取することはあまり期待できません。低温殺菌牛乳や熱処理されていない乳製品、例えばチェダーチーズのような「ナチュラルチーズ」であれば微量にラクトフェリンが含まれているようです。

ちなみにラクトフェリンの一日の推奨摂取量は決められておらず、食材で大量に摂取することは難しいです。またサプリメントで大量に摂取しても副作用の報告はありませんが、お腹の調子を壊す可能性もあるため、用法用量は守って使用しましょう。

ラクトフェリンは腸まで届く?

ラクトフェリンは腸まで届いてその効果を発揮することが重要ですが、酸に弱いという性質もあるため胃で溶けてしまうと腸まで届きません。

食品でラクトフェリンを摂取しても胃酸や消化酵素で溶けてしまうので腸まで届く可能性は低いため、最近ではサプリメントを利用する人が増えています。

サプリメントであれば胃酸で溶けないようにラクトフェリンをコーティングした商品が販売されています。サプリメントを選ぶ際にはラクトフェリンの含有量が多いだけでなく、脂溶性ラクトフェリン腸まで届くという表示がされている商品を選び、毎日継続して摂取することをおすすめします。

ラクトフェリンは赤ちゃんに飲ませても大丈夫?

ラクトフェリンは母乳(特に出産後3日以内の初乳)に多く含まれており、赤ちゃんを様々な病気から守ってくれます。病院で赤ちゃんに初乳を飲ませてあげるようにすすめられるのはそのためであり、赤ちゃんに飲ませても問題はありません。

また妊娠中のママが摂取しても問題はありません。しかし、母乳がなかなか出ないママや、母乳を飲めない赤ちゃんもいます。以前と比べると最近では粉ミルクでよい製品が開発されラクトフェリンが含まれた粉ミルクも多く販売されているため、その恩恵を受けることができます。

そして、離乳食が開始したらヨーグルトなどでラクトフェリンを少しずつ摂取していきましょう。ただしママも赤ちゃんも乳製品アレルギーがある場合は摂取しない方がよいでしょう。また妊娠中の女性がサプリメントを使用する場合は念のため医師に相談しましょう。

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 食物繊維の効果まとめ【保存版】

  2. 乳酸菌の効果まとめ【保存版】

  3. グルコサミンの効果まとめ【保存版】

  4. アミノ酸の効果まとめ【保存版】

  5. DHA&EPAの効果まとめ【保存版】

  6. SOD酵素の効果まとめ【保存版】

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る