menu
閉じる
  1. 頭が良くなる!脳を活性化する栄養素と食べ物は?
  2. 生活習慣病を予防!中性脂肪とLDLコレステロールどちらも減らす栄養素と…
  3. 健康診断に引っかかった人必見!中性脂肪を下げる方法と食べ物
  4. 便秘解消で毎日スッキリ♪便秘体質を改善する食べ物と栄養素は?
  5. つらい痒みを軽減!アトピー体質改善に効果的な栄養素と食べ物は?
  6. 仕事も勉強も効率アップ!集中力を高める方法と食べ物は?
  7. 記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?
  8. 血液をサラサラに!血栓症予防に効果のある食べ物は?
  9. 動脈硬化を防ぐ!LDL(悪玉)コレステロールを下げる食品まとめ
閉じる
閉じる
  1. 一人暮らしの親族の認知症予防・ボケ防止におすすめの方法は?
  2. 習い事でボケ防止。語学や資格の勉強などは認知症予防に効果アリ?
  3. 認知症予防は生きがいが大事!ボケ防止におすすめの趣味は?
  4. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由
  5. 認知症予防に効果あり!おすすめの食事は?
  6. 【アレだよアレ】言葉が出てこないのは脳の病気?原因と改善する方法
  7. 思い出を忘れるのは病気?記憶力が悪い?
  8. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策
  9. よく物をなくす・忘れっぽいのを治す方法
  10. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?
閉じる

記憶力アップ&アルツハイマー予防にも効果的な栄養素とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳が記憶する仕組み

脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶短期記憶長期記憶に分けられ、超短期記憶はテレビなどの画像の記憶や会話の記憶など、感覚器官で短時間記憶される数時間後には忘れてしまうような記憶です。

次に短期記憶は秒単位の記憶です。容量が小さいので時間が経過するにつれて情報は失われてゆきます。この短期記憶を司っているのが脳の海馬という部分です。

情報の経路でとしては例えば目からの記憶では視覚→視床→脳の中枢部分→大脳新皮質→海馬の順番で記憶して行きます。脳の神経細胞のつなぎ目部分の構造をシナプスと言いますが、短期記憶では情報の伝達により一時的にシナプスが興奮した状態になります。興奮は収まるものですから記憶が短期間でなくなってしまうのです。

しかし、この短期記憶が繰り返され、情報が保持され新たな情報が編成されて記憶が強化されると、その情報は長期記憶に転送されます。記憶は長期間保持されるようになるのです。

これは近年の研究により神経細胞が情報に応じてシナプスの性質を変化させるためであると考えられ、現在、さらに長期記憶には新たな遺伝子発現とそれに伴うタンパク質の合成が必要であることがわかってきました。

海外はもちろん日本でも東京大学をはじめ研究が盛んに行われています。アメリカの化学雑誌であるscienceやcellにも日本の研究者の論文が掲載されていますので、図書館などでかりてみるのもよいでしょう。文献検索サイトでも無料で読める論文があります(ただし英語です)。

記憶力を向上させる栄養成分は?

脳では電気信号による情報を伝達することで記憶がなされます。神経細胞の軸索と呼ばれる幹のような部分を電気信号が伝わり、シナプス小胞と呼ばれる部分から神経伝達物質が放出されます。

その伝達物質がシナプスの受容体に到達することでその情報の伝達が行われます。この受け渡しにかかるシナプス間の伝達時間は0.1~0.2mm秒。速すぎて想像もつかないですね。

だいぶ難しい複雑な話になってしまいましたが、脳が記憶をするためには神経伝達物質が正常に分泌されることが必要です。その為には神経細胞が形成され機能しなくてはなりませんが、そこで血液サラサラ成分でよく知られるDHAが重要な働きをしています。

DHAは神経細胞の細胞膜のリン脂質に多く含まれています。脳を構成するのは140億個の細胞です。その細胞膜でDHAは神経細胞の軸索を伸ばしたり、情報を受け取る樹状突起の形成にも関わっているのです。

さらに短期記憶を司る海馬では他の部位の2倍以上のDHAが存在しています。DHAを摂取し続けたことで記憶力が向上したり、物忘れが減ったという実験結果もでていることから、DHAは海馬において記憶に関する重要な働きをしていると考えられています。

アルツハイマーにも効果的なDHAの効果

アルツハイマーは海馬における脳細胞が死滅してゆくことにより起こる痴呆症の一つです。アルツハイマー型痴呆症は日本人に比べ欧米人に多く、魚食の多い日本人の食生活からDHAとの関連がいわれていました。

そして1991年に発表された調査結果によるとアルツハイマーで死亡した人の海馬付近のリン脂質におけるDHA含有量は、アルツハイマー病以外で死亡した人の海馬付近のリン脂質中のDHA含有量の約半分ほどしかなかったのです。

これによりDHAがアルツハイマー病を抑制しているのではないかという仮説が示唆されました。

まだまだ解明はされていませんが、神経伝達物質の量を増やし、情報伝達の能力を向上させるDHAはアルツハイマー病の調査結果をみても、神経細胞の発育を活性化させる何らかの重要な役割を担っていると考えられます。

血液サラサラ成分だけというわけではないのです。血管の健康のためにも脳の健康のためにもぜひ摂取したい栄養素ですね。

DHAを効率的に摂取するには

DHAはイワシ、サバ、アジ、サンマ、マグロ、カツオなど、主に青魚に多く含まれています。青魚以外ではウナギにも多く含まれています。

脳のニューロンを活性化させ記憶力アップに効果的で、アルツハイマー予防にもなり、さらには血流改善効果もあって動脈硬化や脳梗塞も予防する、いいことづくめのDHAにも実は弱点があります。

DHAの弱点は酸化しやすいということです。上記の青魚を生のお刺身で食べる分には問題ありませんが、煮魚や焼き魚のように加熱調理をしてしまうと、調理法によって20~50%も減少してしまいます。したがってDHAを効率よく摂取するなら、なるべく生のままお刺身などでいただきたいところです。

とはいえ毎日お刺身を食べるのは簡単ではありませんし、特に魚が苦手な人や仕事で忙しい人にとっては難しい話です。

そんな人にはDHAのサプリメントをおすすめします。サプリメントならDHAの酸化しやすいという弱点を補うため、ビタミンやβ-カロテンやポリフェノールといった抗酸化成分を配合しています。また毎日献立を考える必要も無くなりますので、手軽に続けることができます。

受験前や大事な仕事で記憶力をアップしたい人は、毎日の食生活にDHAを取り入れることから始めてみてはいかがでしょうか。

よく読まれている人気エントリー

DHA&EPAサプリを徹底比較!おすすめランキング

日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

関連記事

  1. 英単語が覚えられない受験生へ。暗記が苦手な原因と克服する方法

  2. 後遺症?交通事故後の記憶力低下の原因と対策

  3. 物忘れが激しいのは脳梗塞の前兆?

  4. 【20代】若いのに物忘れが多い!記憶力低下の理由と改善する方法

  5. 散歩がボケ防止になる?認知症予防にウォーキングがおすすめな理由

  6. ストレスのせい?仕事に支障が出るほど物忘れする原因と対策まとめ

ピックアップ記事

  1. 怖い!LDLコレステロールが高いままにしておくと・・・ コレステロールには悪玉(LD…
  2. 中性脂肪が高いとどうなるの・・・?高脂血症とは、血液中の脂質(LDLコレステロール・…
  3. 脳が記憶する仕組み脳が記憶する仕組みにはいくつか種類があります。超短期記憶、短期記憶…
  4. 便秘体質を改善するには、普段から食物繊維を摂取するとか、水分を多めにとるとか、ヨーグルトを食…
  5. 年齢と共に脳の回転が遅くなったと感じることはありませんか?やるべき仕事や家事はたくさ…
  6. 中性脂肪が高いとLDLコレステロールも上がる?両者の違いと関係性「自分は大丈夫」と思…
  7. 血栓症の原因は?血栓症は簡単に言うと、血栓ができて血管を詰まらせたり、血管を狭めてし…
  8. 集中力を高める脳内物質私たちが物事に集中しているとき脳の中ではどのような現象が起きて…
  9. アトピーは免疫が過剰に反応して、本来反応する必要のないものに対しても炎症などを起こしてしまう…

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログへ
1日1回ポチっと押していただけるとランキングがUPします!応援よろしくお願いいたします(´ᗜ`)

ライター一覧

BerryBerry
健康マニアと言われるほどまでに、美容や健康に関する情報を追及することが好きです。皆さんに役立つ情報を配信しますので、楽しみにしていてくださいね♪

aoikara
Webでフリーランスライターをしています。日々の生活でも気になる健康のことをわかりやすくお伝えしたいと思います。

おおほりまるこ
二人の子育てママ兼フリーライター。主に主婦関連記事が多いですが、元エステティシャンの経験を生かし美容や健康情報も多々。日常のちょっとした「知っててよかった」をお送りします。

maiko
好きを仕事に、美容や健康に関することを中心としたライターです。
女性のキレイを応援する・ためになるものを発信していきます。

ヘルスケア専科 編集部
日々の生活でちょっと役に立つ情報を紹介します。

ページ上部へ戻る